日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、第29回全国フォークリフト運転競技大会で優勝

日通、第29回全国フォークリフト運転競技大会で優勝

2014年10月1日

 当社は、9月28日に埼玉県トラック総合教育センターで開催された第29回全国フォークリフト運転競技大会で、優勝、準優勝しました。

競技中の様子

 この運転競技大会は、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(以下、陸災防)が主催し、「フォークリフト運転競技を通じ、遵法精神と安全意識の高揚及び運転知識の技能と向上を図り、もって職場における安全作業の確立と労働災害防止の推進に資すること」を目的に開催されているものです。
 各都道府県の予選大会を勝ち抜いてきた54名の出場者が、学科、点検及び運転の3種目を行い、フォークリフトオペレーター日本一をめざして競われました。
 優勝者は、3種目でそれぞれ高得点を獲得し、合計949点(1000点満点)を上げました。

 陸上貨物運送事業における労働災害では、年間約14,000人(平成25年)が罹災しており、陸災防は労働災害防止のため、フォークリフト運転競技大会をはじめ、事故防止のための啓蒙活動、各種講習を各地で実施しています。
 当社は、今後も労働災害の撲滅に向け陸災防の活動に協力するとともに、従業員教育を充実強化してまいります。

当社の入賞者はつぎのとおりです。

優勝 飯島 洋平 新潟支店 新潟物流事業所
準優勝 星野 俊一 横浜支店 綾瀬物流センター事業所

左から、優勝した飯島選手、準優勝した星野選手

以上