日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、北海道の社有林で生物多様性保全の活動を開始~エゾフクロウの巣箱を設置、野鳥生息の拠点整備に着手~

日通、北海道の社有林で生物多様性保全の活動を開始

2014年10月29日

~エゾフクロウの巣箱を設置、野鳥生息の拠点整備に着手~

 当社は、10月21日、北海道釧路市に隣接する社有林にエゾフクロウが生息できる巣箱を設置しました。

巣箱設置作業の様子

巣箱設置作業の様子

 当社は、北海道釧路市に隣接する社有林を1944年7月、当時輸送動力として保有していた牛馬の放牧、飼料用牧草採取のため取得していましたが、その後、輸送手段の近代化が急速に進み、社有林はその他の用途に活用されることなく保全されてきました。その結果、同地には様々な生き物が生息するのに適した環境が育まれてきました。
 そこで、北海道に在住するシマフクロウ研究の第一人者である山本純郎氏と環境省釧路自然環境事務所のアドバイスを得て、社有林に生息している可能性のあるエゾフクロウの巣箱を、このたび同地に2つ設置しました。将来的には、絶滅危惧種シマフクロウの棲める森林にし、生物多様性の保全への貢献および社有林の有効活用につなげたいと考えています。
 当日は、山本純郎氏が実際に社有林を訪れ、巣箱の設置を行いました。

エゾフクロウの巣箱

エゾフクロウの巣箱

エゾフクロウ

エゾフクロウ

 当社は、山形県飯豊町、静岡県伊豆の国市、鳥取県日南町に設けている「日通の森」に続き、生物多様性保全活動の拠点として、この社有林を活用していく予定です。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 CSR部 矢部・宇野
TEL:03-6251-1421
広報部 滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上