日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2014年)  >  日通、「エコプロダクツ 2014」に展示ブースを拡大して出展 ~環境保護活動の第一人者 C.W.ニコル氏が当社ブースでトークセッションを実施 当社が各地の小学校で実施している環境教育「出前授業」を開催~

日通、「エコプロダクツ 2014」に展示ブースを拡大して出展

2014年12月8日

~環境保護活動の第一人者 C.W.ニコル氏が当社ブースでトークセッションを実施 当社が各地の小学校で実施している環境教育「出前授業」を開催~

 当社は、12月11日(木)~13日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2014」(主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社)に、「想う・届ける・育てる」をテーマとして講演内容を充実、出展ブースを拡大して、本年も出展します。

(当社出展ブース イメージ)

当社出展ブース イメージ

 本年は、当社が静岡県、山形県、鳥取県で行っている森林育成活動の取り組みや実際に業務に使用している環境配慮型車両の展示をはじめ、ブース内の展示を見ながらスタンプを集めてクイズに答えるスタンプラリーを実施します。
 拡大した出展ブースでは、当社従業員が社会貢献活動の一環として各地の小学校で実施している環境教育「出前授業」を実演するとともに、ゴミを出さない当社の引越し商品「えころじこんぽ」をゲームで来場者に体験していただきます。
 また、昨年好評だった「日通の森」のある鳥取県内の間伐材から抽出した天然アロマでお好みの香りを調合できるアロマ作り体験も引き続き実施します。

(昨年の引越しゲームの様子)

昨年の引越しゲームの様子
C.W.ニコル氏

(C.W.ニコル氏)

 さらに今年は、作家・ナチュラリストのC.W.ニコル氏を迎え、約30年かけて数多くの動植物が戻ってきた「アファンの森の再生」の物語と当社が行っている森林育成活動を踏まえた「森の多様性」について、トークセッションを行います。

 エコプロダクツ展は、企業、NPO・NGO、行政・自治体、大学・研究機関、一般生活者といった様々な立場の人が集まり、それぞれのスタイルで環境にやさしい持続可能な社会の実現を考える、日本最大級のイベントで、昨年は約17万人が来場しました。

【当社出展概要】
場所 東京国際展示場(東京ビッグサイト)東4ホール
出展概要
  1. 出前授業&引越しゲーム
  2. アロマ作り体験
  3. ハイブリッド車の展示
  4. スタンプラリー
  5. 「森にいこうよ!」 C.W.ニコル氏
  6. 「気候変動対策における世界動向とビジネス・チャンス
    ~COP交渉の最新情報~  吉高まり氏(三菱UFJモスガン・スタンレー証券)
  7. 「運ぶ」「つながる」生きもののお仕事!「一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」
    「一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」
    C.W.ニコル氏が理事長を勤め、長野県黒姫にある「アファンの森」の再生活動と自然共存型社会の構築と普及啓発を主な目的とする一般財団法人。
    日本通運は一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団のオフィシャルスポンサーです。
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社
お客様 CSR部 矢部・佐藤
TEL:03-6251-1418
報道関係 広報部 滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上