日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通グループ、世界各地の拠点で環境保全の共通行動を開始~Nippon Express’ Global CSR 全ての職場に緑を設置~

日通グループ、世界各地の拠点で環境保全の共通行動を開始

2015年1月14日

~Nippon Express’ Global CSR 全ての職場に緑を設置~

 当社は、世界40カ国に展開する日本通運グループ各社が協力して、世界各地の事業所に「緑(植物)」を置く「世界共通行動」を2015年1月から開始します。
 また、この共通行動を積極的に推進するため、当社の企業ロゴ「通」マークを緑色にしたポスターを全ての事業所に掲示します。

世界各地の事業所に掲示するポスター

(世界各地の事業所に掲示するポスター)

 日通グループの海外拠点数は、2000年の241拠点から現在では481拠点(2014年9月現在)に増え、国内外に30,000両を超える車両を保有して業務を行っています。当社グループでは、これまでもCO2排出量を削減し、地球環境を保全するため、ハイブリッド車などの環境配慮車両の導入やエコドライブ教育を実施するとともに、日本国内では森林育成活動などを積極的に行ってきましたが、企業活動がグローバルになるとともに、企業の社会的責任もグローバルな視点からの対応が求められています。
 このような理由から世界中の日通グループを取り巻く多様な社会的課題のうち、グローバルで優先的に取り組むべき課題を選定して、このほど「Nippon Express’ Global CSR」として、全世界で取り組みを開始することとしました。
 この取り組みの柱として、「地球環境への責任」を掲げ、そのひとつとして世界各地の事業所に「緑(植物)」を置いて、CO2削減に向けて従業員の意識向上を図るとともに、さらに本年4月から各地の現地法人で地域の実情に応じた環境保全やCO2削減に向けた目標を設定し、実行することとしました。具体的な目標としては、物流の効率化、輸送手段の改善、環境分野における社会貢献活動など地球環境保全に貢献する取り組みを9項目例示し、その中から事業所が自ら取り組む内容を選定します。
 この2つの取り組みのシンボルとして当社の企業ロゴである「通」マークを緑色にしたポスターを作成し、国内を含めた全世界の事業所に掲示し、世界共通の取り組みであることを周知、活動を推進します。

 日通グループは、今後も企業の社会的・公共的使命を自覚し、「良き企業市民」として、環境経営を実践し、地球環境保全に積極的に貢献してまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部 滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上