日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  台湾日通、台湾中南部嘉義縣大埔美知恵型工業区に「MITT倉庫」を開設~日系フォワーダーとして、初めてILCライセンスを取得、高度な国内外調達物流が可能に~

台湾日通、台湾中南部嘉義縣大埔美知恵型工業区に「MITT倉庫」を開設

2015年1月30日

~日系フォワーダーとして、初めてILCライセンスを取得、高度な国内外調達物流が可能に~

 当社の現地法人、台湾日通国際物流股份有限公司(董事長兼総経理:今村昌昭 以下、台湾日通)は、昨年12月9日に台湾嘉義縣に「MITT倉庫」を開設、あわせて台湾中南部で日系フォワーダーとして初めてILCライセンスを取得し、同倉庫で営業を開始しました。

2014年12月9日の落成式典

【写真:2014年12月9日の落成式典】

 ILC(International Logistics Center)ライセンス(注1)は、一般保税倉庫ではできない流通加工を行うために必要な資格で、開設した「MITT倉庫」では、精密機器メーカー製造拠点(保税工場)への、部品の加工やJIT配送など高度な物流サービスを提供します。

 「MITT倉庫」は、敷地面積約29,389m2、延べ床面積約17,464m2で、耐震性のある重量ラック、最大32台の接車バース、赤外線を使用した警備システムなどを設置しています。
 「MITT倉庫」の開設で、台湾での日通グループの拠点は、15拠点、倉庫4棟、47,279m2になりました。

 当社は、2014年3月に台湾北部桃園縣で稼働した大型倉庫「NEXT倉庫」に続き、今回の台湾中南部での拠点拡充により、ますます高度化するお客様の物流ニーズにお応えし、さらなるサービスレベルの向上とネットワークの拡充に努めてまいります。

【写真:倉庫外観と内部】

(営業拠点概要)
施設名 台湾日通「MITT倉庫」
住所 台湾嘉義縣大林鎮大美里19鄰大埔美園區三路37號
敷地面積 8,890坪(約29,389m2
延べ床面積 5,283坪(約17,464m2
立地 中山高速道路(高速三号線) 「梅山」ICから約5分
高雄港・台中港より約90分
MITTは、Middle Formosa International & Trusty Terminal の略です。

(注1)

   ■台湾におけるILCライセンスのメリット(一般保税倉庫との比較)
(1)保税貨物と国内貨物を同一倉庫で保管することが可能
(2)通関手続きは月に1回まとめて申告(報告)することが可能
(3)簡易な流通加工をすることが可能
(4)ILCを経由する物流の中で、台湾当局が定めた『産業促進条例』を満たした商品の生産をする工場については、税の優遇措置が受けられる。
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部 滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上