日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  メキシコ日通、「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」「サラマンカ営業所」を開設~FTZ内に日系物流企業として初めて保税倉庫を開設~

メキシコ日通、「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」「サラマンカ営業所」を開設

2015年2月17日

~FTZ内に日系物流企業として初めて保税倉庫を開設~

 当社の現地法人、メキシコ日本通運株式会社(社長:古江忠博、以下、メキシコ日通)は、メキシコ中央高原エリアのサンルイスポトシ市に、「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」を開設、日系物流企業として初めてフリートレードゾーン(以下、FTZ)内に保税倉庫を設置して、昨年11月より営業を開始しました。また、サラマンカ市にも昨年11月、「サラマンカ営業所」を開設して、同エリアの自動車関連企業のジャストインタイム配送サービスを開始しました。

 「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」は、サンルイスポトシ市のFTZ内にあり、同センター内に保税倉庫(11,532m2)を設置することで、米国からの自動車部品等の輸送時にメキシコとの国境で行っていた通関手続きが不要となり、メキシコ中部までダイレクト輸送が可能となりました。これにより従来、通関手続きに要していた時間が最大3日短縮され、大幅なリードタイムの短縮が実現しました。
 「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」では、メキシコ、アメリカ、カナダを結ぶ三国間クロスボーダートラック輸送サービス「XB3300」と接続するとともに、隣接している鉄道ターミナルを活用して、メキシコ、米国間の鉄道貨物輸送サービスを開始するなど、輸送モードを増やし、多様なニーズにお応えします。
 また、同センター内保税倉庫では非居住者在庫として製品、部材を保管するだけでなく、VMI(ベンダー・マネジメント・インベントリー)などキャッシュフローの改善に貢献するサービスを提供するとともに、中南米諸国への輸出ハブ拠点としての機能も併せ持っています。
 一方、サラマンカ営業所では、併設した倉庫(8,354m2)を周辺に集積する自動車関連企業の工場の調達部材や部品のストックポイントとして活用し、顧客工場へのジャストンタイム配送を始めました。

サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター

【サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター】

サラマンカ営業所

【サラマンカ営業所】

 今般の「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」及び「サラマンカ営業所」の開設により、メキシコ国内の拠点としては、メキシコシティー、グアナファト、グアダラハラ、モンテレイ、アグアスカリエンテス、ケレタロ、マンサニージョ、ティファナの10都市・13拠点に拡充します。

 当社は、今後も成長著しいメキシコ地域において、多様化する物流ニーズにお応えし、さらなるサービスレベルの向上とネットワークの拡充に努めてまいります。

【施設概要】
名称 メキシコ日本通運株式会社 サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター
(Nippon Express de Mexico S.A. de C.V. San Luis Potosi Logistics Center)
所在地 Av. Central No. 360-1, Fracc. Parque Logístico, Delegación La Pila San Luis Potosí,
C.P. 78395 S.L.P, Mexico
名称 メキシコ日本通運株式会社 サラマンカ営業所
所在地 Av.Mexico-Japon 321, Parque Industrial El Bajio, Salamanca, Guanajuato,
C.P. 36875, Mexico
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部 滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上