日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、新輸送サービス「中東欧ダイレクト混載」を発売~スロベニア共和国コペル港経由で、ハンガリー・ブダペストへ一貫輸送~

日通、新輸送サービス「中東欧ダイレクト混載」を発売

2015年2月25日

~スロベニア共和国コペル港経由で、ハンガリー・ブダペストへ一貫輸送~

 当社は、2月15日からスロベニア・コペル港を利用して、コンテナ1本に満たない小口貨物をハンガリー・ブダペストに輸送する、日本発海上混載一貫輸送サービスを開始しました。

 新サービス「中東欧ダイレクト混載」は、コンテナ1本に満たない小口貨物をスロベニア・コペル港経由で、ハンガリー・ブダペストの配達先まで一貫輸送するサービスです。
 これまでコンテナ1本に満たないブダペスト向けの貨物は、ドイツ・ハンブルク港を利用して輸送していましたが、コペル港を利用することにより、海上輸送距離は約3,600km、陸上輸送距離は約600km短縮され、リードタイムで最大4日、輸送コストは最大20%削減されます。
 コペル港到着後は、コンテナのまま鉄道またはトレーラーでブダペストまで輸送され、当社の現地法人(ドイツ日通ハンガリー支店)の施設で取り卸して配送するため、輸送途中での貨物へのダメージも大幅に軽減されます。
 まず、ハンガリー・ブダペストからサービスを開始し、順次、ルーマニア、オーストリア、チェコ、スロバキアなどの東欧諸国へ展開する計画です。

 当社は、2014年6月、コペル港運営会社であるルカ・コペル社と覚書を締結し、アドリア海を活用した新たな輸送ルート、輸送サービスの開発に取り組んできました。
 中東欧諸国は、自動車産業を中心とした製造業が進出して、サプライチェーンの構築が進められています。当社は、今後もコペル港を活用した高品質な輸送サービスを開発、提供してまいります。

   ■新サービスのメリット
(1)輸送距離の短縮(4,200km)により、環境に優しいエコなサービス
(2)東京⇒ブダペストの輸送日数を短縮(4日間)
(3)東京で封印したコンテナをそのままブダペストまで輸送することによりコストを削減
(4)港での積み替えがなくなることにより、貨物ダメージのリスクを軽減
スロベニア・コペル港

【スロベニア・コペル港】

ハンガリー・ブダペスト

【ハンガリー・ブダペスト】

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 海運事業部(複合輸送)
担当:磯貝・石橋
TEL:03-6251-1655
報道関係者 日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上