日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  上海通運、江蘇省最大の国際港、「太倉港」に新たに事務所を設立

上海通運、江蘇省最大の国際港、「太倉港」に新たに事務所を設立

2015年3月4日

 当社の現地法人上海通運国際物流有限公司(社長:喜多 十次郎 以下、上海通運)は江蘇省太倉市に新たに事務所を設立し、2015年2月1日より営業を開始しました。

 近年、上海港は、物流量の増大や上海市の車両通行規制等により慢性的に混雑しているため、同じ華東地区で上海港から約90kmという近さにある「太倉港」が国際貨物の新たなゲートウェイとして注目されています。
 上海通運では、今後の太倉港での取扱数量増大を見込み、このほど新たに太倉市に事務所を開設しました。
 新事務所は、太倉港に近接、太倉税関や他の行政機関にも近く、今後、太陽光パネル関連及び自動車部品関連をターゲットとした輸出入フォワーディング業務をはじめ、太倉港を結節点とした内航輸送、外航輸送の接続サービス、及び内航船を利用した長江流域物流(江蘇エリア発中国中西部向けサービス)、太倉港発華北、華南地区沿岸部向け物流サービスを提供してまいります。

太倉港の外観

(太倉港の外観)

【上海通運太倉事務所概要】
名称 上海通運国際物流有限公司蘇州支店太倉事務所
所在地 江蘇省太倉市浮橋鎮百環路8号聯検大楼副楼425室(郵編215434)
事務所立地 太倉港税関に隣接
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上