日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  オランダ日通、ロッテルダム港マースフラクテ地区に日通グループ欧州最大級の物流拠点を開設

オランダ日通、ロッテルダム港マースフラクテ地区に日通グループ欧州最大級の物流拠点を開設

2015年4月9日

 当社の現地法人オランダ日本通運株式会社(社長:吉田健一 以下、オランダ日通)は、日通グループが欧州で運営する倉庫として最大となる物流倉庫「European Logistics Center 3」(以下、ELC3)を、ロッテルダム港マースフラクテ地区に開設し、2015年1月から営業を始めました。

開設した「ELC3」の全景

(開設した「ELC3」の全景)

 「ELC3」は、日本、アジア発の主要船社の欧州での最初の寄港地で、欧州で最大規模のコンテナターミナルを有するロッテルダム港マースフラクテ地区に開設しました。「ELC3」はこの好立地を生かし、アジア各地で生産された製品を集約し、オランダを含む西ヨーロッパ全域へ配送するディストリビューションセンター(DC)として運用します。
 また「ELC3」では、最新の作業指示システムであるピック・バイ・ボイス(注)を導入して、これまでハンディスキャナーを使用していたピッキング作業をヘッドセットからの音声ガイダンスに切り替え、ハンズフリーにすることで効率性、安全性、視認性を向上させるなど、倉庫内作業の革新にも取り組んでまいります。

 オランダ日通は、「ELC3」を、同じマースフラクテ地区ですでに稼働している「ELC1」とともに運用することで、欧州全域への配送のさらなる効率化、在庫の最適化など、お客様のサプライチェーンをサポートしてまいります。

ピック・バイ・ボイスでの作業の様子

(ピック・バイ・ボイスでの作業の様子)
(注) ヘッドセットからの音声ガイダンスと音声認識を通じて行うピッキング作業

【European Logistics Center 3 施設概要】
名称 European Logistics Center 3
(ヨーロピアンロジスティクスセンター3 「ELC3」)
所在地 Dardanellenstraat90, 3199 KZ Maasvlakte, Rotterdam
建築面積 70,000m2
主要設備 TAPAセキュリティー認証、ラックシステム
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・宮口
TEL:03-6251-1454

以上