日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、温度管理が必要な医薬品の国際航空輸送サービス 「TempSure(テンプシュア)」シリーズを充実強化~専用容器と冷却材・蓄熱材で簡易ながら高品質な輸送を実現~

日通、温度管理が必要な医薬品の国際航空輸送サービス 「TempSure(テンプシュア)」シリーズを充実強化

2015年5月11日

~専用容器と冷却材・蓄熱材で簡易ながら高品質な輸送を実現~

 当社は、品質保持のため長時間確実な温度管理が必要な医薬品を、簡易な方法で一定の温度に保って輸送する国際航空貨物の新サービス「NEX-PHARMA TempSure Cool A(ネックス-ファーマ テンプシュア クールエース)」(以下、Cool A)と「NEX-PHARMA TempSure Thermo(ネックス-ファーマ テンプシュア サーモ)」(以下、Thermo)の販売を4月1日から開始しました。

 「Cool A(クールエース)」は、専用の保冷輸送容器と特殊な冷却材を用い、容器内を2~8℃(冷蔵温度帯)に保って輸送します。冷却材はボタンを押すだけで冷却が始まるため、これまで同温度帯を輸送時に維持するために必要だった予冷や保冷剤の交換が不要になりました。
 「Thermo(サーモ)」は、専用の保温輸送容器と特殊な蓄熱材を用い、容器内を15~25℃(定温帯)に保って輸送します。この温度帯では当社初めての航空輸送サービスとなります。
 両サービスとも長時間一定の温度を保つことができるため、米国向け、欧州向けなどの長距離輸送が可能です。

 医薬品の製造から供給に至るサプライチェーンにおいては、「GDP(Good Distribution Practice 医薬品の品質を確保することを目的とした基準)」の適用が国際的に厳格に求められており、医薬品メーカーは、製品の性質や輸送する季節に応じて温度帯を維持するため、特殊な梱包や専用のコンテナを使用するなどの対策が必要で、大きな負担となっていました。
 当社は、こうしたご要望にお応えするため、国際航空輸送での温度管理の研究・開発に取り組み、2010年より、TempSure(テンプシュア)シリーズとして、冷蔵温度帯に対応した「Cool(クール)」および冷凍温度帯に対応した「Frozen(フローズン)」を提供してきました。
 今回、新サービスとして、取り扱いの容易な「Cool A(クールエース)」および、新たな温度の定温帯に対応した「Thermo(サーモ)」をラインナップに加えることで、厳格な温度管理が必要な医薬品のサプライチェーンを高品質な国際航空輸送サービスでサポートします。

 当社は、今後も医薬品の高度化・多様化するニーズにお応えする物流サービスの開発・拡充に取り組んでまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 航空事業支店 国際貨物部フォワーディング開発課
担当:神野・山田
TEL:03-5442-5254
報道関係者 日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454

以上