日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、ネパール地震災害地への救援物資輸送を実施 航空事業支店 国際貢献物流開発課から担当者をカトマンズに派遣

日通、ネパール地震災害地への救援物資輸送を実施 航空事業支店 国際貢献物流開発課から担当者をカトマンズに派遣

2015年6月4日

 当社は、4月25日に発生したネパール地震への日本赤十字社殿の災害救援物資の輸送を、ネパールに専属担当者を派遣して、発着一貫でサポートしました。

カトマンズ空港で物資の受け入れをする日本赤十字社殿と当社スタッフ

(カトマンズ空港で物資の受け入れをする日本赤十字社殿と当社スタッフ)

 地震発生後、各国政府や国際機関、非政府組織(NGO)などがネパール入りして、救援活動を開始する中、日本赤十字社殿が、緊急対応ユニット(ERU)保健医療チームを現地に派遣、中東ドバイにある備蓄倉庫から大型テントや医療用のERU資器材を現地に発送しました。
 当社は、ドバイ国内での出荷準備はもとより、5月4日から航空事業支店担当者2名をネパールの首都カトマンズに派遣して物資輸入のための準備を行いました。
 ネパールは内陸地にあるため、緊急物資は全て空港を経由せざるを得ず、各国からの救援物資もカトマンズ空港1カ所に集中し、空港は一時的に混乱していました。このような中、当社担当者は現地関係者と綿密な打ち合わせを行い、日本赤十字社殿から受託した支援物資を無事引き渡すことができました。

 自然災害発生後は、各国から善意の支援物資が大量に届けられ、被災地の支援に使われます。当社は、国内で指定公共輸送機関として、東日本大震災などで緊急支援物資や復興に伴う資材の輸送を行ってきました。この経験とノウハウを生かし、担当者の現地への派遣をいち早く決定しました。
 今後、時間の経過とともに国際支援は緊急支援から被災地の復旧、復興に変わり、輸送品目も変化していきます。航空事業支店では、引き続き、物資・資機材の輸送をサポートしてまいります。

 当社は、現経営計画『日通グループ経営計画2015-改革と躍進―』の重点施策として、「事業を通じた社会への貢献」を掲げています。この理念を実現すべく、本年4月、数々の国際貢献をサポートしてきたノウハウをさらに発展させるため、航空事業支店に「国際貢献物流開発課」を新設しました。今後も各国、国際機関、非営利団体などが行う被災地支援や地球規模の人道支援をロジスティクスからサポートしてまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 航空事業支店 国際貢献物流開発課
担当:横田・中山
TEL:03-3778-8275
日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454

以上