日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、カンボジア発日本向けで複合混載輸送サービスを発売~プノンペン-ホーチミン間を陸送し、海上輸送に比べ最大3日の短縮を実現 週一便定期運行、プノンペンから東京まで“積み替えなし”~

日通、カンボジア発日本向けで複合混載輸送サービスを発売

2015年7月7日

~プノンペン-ホーチミン間を陸送し、海上輸送に比べ最大3日の短縮を実現 週一便定期運行、プノンペンから東京まで“積み替えなし”~

 当社は、7月9日から、コンテナ1本に満たないカンボジア発日本向け貨物を運ぶ、複合輸送サービス「NEXSAO(ネックスサオ) - CAMBODIA(カンボジア) SAT(サット)」を開始します。クロスボーダー陸路一貫輸送により、積み替え時のダメージリスクを低減すると同時に、これまでの混載サービスに比べ輸送日数を3日短縮することが可能となりました。

【商品の特徴】

  • プノンペン-ホーチミン間は自社トラックによるクロスボーダー一貫輸送。
    →積み替えなしで、貨物のダメージリスクを低減
    →海上輸送に比べリードタイムを3日短縮
  • 運賃は、航空混載便の約15分の1
  • 毎週1回、プノンペン木曜お預かり(CFS-CUT)、東京翌々週火曜(12日後)に引き取り(リリース)可能。
現地での指導の様子

(カンボジア~ベトナム国境の様子)

(ベトナム国内の自社トラック)

 これまで当社のプノンペン~東京間海上混載輸送では、ホーチミン経由とシンガポール経由があり、シンガポール港経由の場合、同港で海上コンテナを一旦開けて、全ての荷物を積み替える作業が必要でした。
 今回、「ダブルライセンス」(カンボジア・ベトナム両国を同一車両で通行できる許可)取得企業である当社の強みを生かし、積み替え作業なしの陸・海一貫輸送により、海上輸送より早く、航空輸送よりもリーズナブルなサービスを実現しました。

 プノンペン発日本向け複合一貫輸送は、2014年4月からコンテナ1本単位でサービスを開始し、アパレル産業を中心に好評を頂いております。この度の混載サービス開始により、小口輸送の物流ニーズにもお応えします。
 引き続き、大阪向けに同様の複合一貫混載サービスを予定しているほか、欧米など日本以外の仕向地へのサービス拡充も検討しています。

 当社は、今後も多様化する物流ニーズにお応えすべく、様々なモードを組み合わせた新しい輸送商品をご用意し、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社グローバルフォワーディング企画部
担当:小山、渡邉、落合
TEL:03-6251-1633
報道関係 日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454

以上