日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  ベトナム日通エンジニアリング、ベトナム北部・ディンブー工業団地に新倉庫の建設を開始~港湾に隣接、陸・海・空の複合ロジスティクス拠点に~

ベトナム日通エンジニアリング、ベトナム北部・ディンブー工業団地に新倉庫の建設を開始

2015年8月21日

~港湾に隣接、陸・海・空の複合ロジスティクス拠点に~

 当社の現地法人、ベトナム日通エンジニアリング有限会社(社長:松本佳英)は、1月30日よりハイフォン市内のディンブー工業団地内敷地(約55,000m2)に倉庫(倉庫延床面積約17,000m2)の建設を開始しました。

完成予想図

(完成予想図)

 ハイフォン市やハノイ市を中心とするベトナム北部は大型製造業の集積地となっており、進出企業の主要サプライヤーが展開する中国華南地区やタイをはじめとするASEAN諸国との陸路が整備されています。
 ディンブー工業団地はハイフォン市内東部にあり、ハイフォン港・ディンブー港に加え、2016年度末供用開始予定の大規模深水港・ラックフェン港にも隣接しています。
 また、ハノイ北部のノイバイ空港との間(約150km)には高速道路が建設中で、すでに一部区間は開通しているなど、陸・海・空の複合輸送ハブ拠点として非常に好立地にあります

【輸送モード別主要拠点など】

・ 空路 ハノイ北部・ノイバイ空港まで約150km 所要時間約3時間
本年中に高速道路開通予定→所要時間約2時間弱へ短縮
・ 海路 ハイフォン港 (1万トン級まで寄港可能)
ディンブー港 (同・2万トン級)
ラックフェン港(同・10万トン級)※2016年末供用開始予定

 工事は本年11月の竣工に向け順調に進んでいます。
 竣工後は精密機器・部材の保管業務を予定していますが、今回取得した用地には十分な余裕があり、今後の需要拡大に応じた倉庫増設、レンタル工場・事務所建設にも対応可能です。

 当社は今後もベトナムをはじめとした南アジアでのロジスティクス機能を強化し、域内・域外を通じたグローバルロジスティクス事業の更なる拡大に努めます。

【ハイフォン新倉庫概要】
住所 Dong Hai 2 Ward, Hai An District, Hai Phong City, Socialist Republic of Viet Nam
敷地面積 55,290m2
倉庫面積 17,786m2(倉庫/15,986m2、事務所/1,799m2
構造 倉庫/鉄骨造平屋建て、事務所/鉄筋コンクリート造り三階建て
設備等 (全庫内70%定湿 、一部25℃定温、フルバックアップ非常用発電設備、CFS/保税/一般倉庫、24時間警備員配置など)
営業開始予定 2015年12月
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454

以上