日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通国際物流(中国)、中国国内に4拠点を新設

日通国際物流(中国)、中国国内に4拠点を新設

2015年8月27日

 当社の現地法人日通国際物流(中国)(社長;松尾純利、以下 中国日通)は、本年3月から7月にかけ、以下の通り新拠点を開設しました。

○各拠点の概要

名称 塩城事務所 連雲港事務所
営業開始日 3月16日 6月1日
所在地 江蘇省塩城市青年中路59号
銭江財富広場B座1507室
江蘇省連雲港市連雲区海棠北路189号
金海国際大厦611室
名称 汕頭事務所 温州事務所
営業開始日 7月23日 7月27日
所在地 広東省汕頭金砂路99号君悦華庭
オフィスビル1棟422
浙江省温州市鹿城区黎明西路8号
国貿中心大厦4階401-4室

※各事務所の主な業務は営業開発。常駐事務員1名。

【開設の背景】
 中国経済は、成長率7%程度とやや落ち着いてきたものの引き続き拡大が見込まれる大きな市場です。中国沿岸部にありながらこれまで本格的な展開が遅れていた中小都市への進出を図り、物流サービスの更なる拡大を目指します。

【塩城港事務所】
 塩城は、起亜自動車が完成車工場を稼働させており、自動車部品メーカーが集積する産業エリアです。この地で中国国内の部品調達物流や、中韓間国際フォワーディング等の取り組みを行い、サービス拡大を目指します。

【連雲港事務所】
 連雲港はチャイナランドブリッジの玄関口であり、欧州や中央アジアとの交易港として古くからその地位を築いてきました。また、江蘇省の北端に位置し、北は山東省、西に河南省、更にその西側には陝西省、といった中西部主要都市へのゲートウェイ機能も担っています。同市への進出は、連雲港市の地場企業への営業拡大に加え、中央アジア進出の足がかりと考えています。

【汕頭事務所】
 汕頭は中国五大経済特区のひとつ、粤東(広東省東部)の中心都市で、世界に広がる華僑人を多く輩出している歴史的に対外交流が盛んな都市です。昨今は珠江デルタ地域からの産業移転工業園に属し、今後さらなる企業の受け入れが見込まれるエリアです。汕頭エリア進出企業の各国向け輸送、また中国地場企業の中国国内輸送業務の新規獲得を目指し、営業活動を展開します。

【温州事務所】
 温州は浙江省の東南部に位置し、早くから市場経済、私営企業が発達し、軽工業(革、靴、ライター、眼鏡等)、アパレル、近年では自動車部品の取扱いも盛んな地です。同省内に位置する世界屈指の寧波港を利用し、欧州向けを中心とした輸出が行われています。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部 滝澤・田中
TEL:03-6251-1454

以上