日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、第一回『WBSC プレミア12』オフィシャルスポンサーに決定

日通、第一回『WBSC プレミア12』オフィシャルスポンサーに決定

2015年10月8日

 当社は、2015年11月8日(日)から11月21日(土)にかけて開催される『WBSC プレミア 12』オフィシャルスポンサーに決定いたしました。

 『WBSC プレミア 12』は、各国のトップチーム及びアンダーカテゴリー (U-12 / U-15 / U-18/U-21) が出場するWBSC (世界野球ソフトボール連盟) 主催大会やWBSC公認の国際試合の結果を成績に応じてポイント化し、その上位12カ国 (WBSC世界ランキングトップ12カ国) に出場権が付与される、国の総合的な野球の実力=野球国力が証明される4年に1度の世界大会です。記念すべき第一回大会である本大会において、日本代表「侍ジャパン」は世界ランキング1位で出場権を獲得しました。

 1次ラウンドは12カ国が2グループ(各6チーム) に分かれ総当たりで対戦し、各グループの上位4チームはトーナメント方式で争われる決勝トーナメントに進出し、野球国力No.1をかけて戦います。1次ラウンド及び準々決勝4試合は台湾にて開催され、開幕戦の他、準決勝、決勝戦および3位決定戦は日本にて開催されます。

 当社は、記念すべき『WBSCプレミア12』第一回大会のオフィシャルスポンサーとして、世界一を目指す日本代表「侍ジャパン」の挑戦を応援してまいります。

 当社は、「日通グループ経営計画2015-改革と躍進―」において国際関連事業売上高比率40%を掲げ、グローバルロジスティクス事業の更なる拡大を目指しております。

 この度、世界的にも注目を集める『WBSC プレミア 12』に協賛することにより、当社のブランド力の向上を目指すとともに、日本通運の事業をこれまで以上に多くの人々に知っていただけるきっかけになると考えております。

【ご参考】WBSC プレミア 12 大会概要

大会正式名称 2015 WBSC Premier12(WBSC プレミア 12)
大会内容 「WBSC プレミア 12」とは、全世代の積み上げたポイントで出場チームを決定し、全世代を代表したトップチームが出場して世界一を決定する大会で、野球国力No.1を決定する国際大会です。
主催 世界野球ソフトボール連盟(World Baseball Softball Confederation)
参加国 WBSC世界ランキング上位12カ国(日本、アメリカ合衆国、キューバ、チャイニーズ・タイペイ、オランダ、ドミニカ共和国、カナダ、韓国、プエルトリコ、ベネズエラ、イタリア、メキシコ)
開催日 2015年11月8日(日)~21日(土)
開催地 日本(1次ラウンド開幕戦、準決勝、3位決定戦、決勝)
台湾(開幕戦以外の1次ラウンド及び準々決勝)
大会形式 全38試合(1次ラウンドは全30試合。決勝トーナメントは8試合)
1次ラウンドは2グループ(各6チーム)が総当たりで対戦。上位4チームが決勝トーナメントに進出。
侍ジャパンは1次ラウンド5試合を戦い、決勝トーナメントへ進出の場合
最大3試合、合計8試合(最大)を戦います。

【公式ソーシャルメディアタグ】

@WBSC
#PREMIER12

【ご参考】「WBSC プレミア 12」大会ロゴ

側面写真
   ◇本件に関するお問い合わせ先
広報部 担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上