日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、日中間の越境E-コマース(EC)対応ドア・ツー・ドアサービス 「NEX-SOLUTION EC-CUSTOMER DIRECT」を10月20日から販売開始~急増する中国向け個人輸入需要に対応、安定した配送スケジュールを確保~

日通、日中間の越境E-コマース(EC)対応ドア・ツー・ドアサービス 「NEX-SOLUTION EC-CUSTOMER DIRECT」を10月20日から販売開始

2015年10月21日

~急増する中国向け個人輸入需要に対応、安定した配送スケジュールを確保~

 当社は、10月20日から、伸張著しい日本発中国向け越境ECビジネスの個人向け輸送需要に対応し、中国のECサイト※1・ECモール※2へ出店する国内事業者向けの新たなドア・ツー・ドアサービス「NEX-SOLUTION EC-CUSTOMER DIRECT(ネックス-ソリューションイーシー-カスタマーダイレクト)」の販売を開始します。

【サービスの内容】

  • 個人通関の取扱が可能な地元業者と提携し、所定の手続きに沿って通関業務を進めることでイレギュラーな通関検査を回避し、安定したリードタイムを実現
    (東京発上海向けの場合、最短で5日後配達)
  • 中国全土をカバーする大手業者との提携により、荷送人(日本の出店者など)から、荷受人(中国の個人購入者)の自宅まで、ドア・ツー・ドアで配送
  • 集荷、配達地域にかかわらず、同一重量帯一律運賃、の簡単・明快な料金体系
    (チベット地域など一部地域を除く)
  • EMS(国際スピード郵便)の定価に比べ、1~2割低い料金でご提供予定
    (荷主ごとに個別見積もり)

【サービスの規格】

  • 重量20kg以下、三辺の合計180cm以下、一辺の長さ80cm以下
  • 1梱包あたり1000元以内(制限金額内なら、複数商品の同梱も可能)
  • 関税は別途発生(郵便と同じ税率(「行郵税率」)を適用)

【背景】

  • 2014年の日本発中国向け越境ビジネス売上高は6064億にのぼり、前年から5割以上増加しています。2018年には、14年実績の2.3倍になる、と見込まれています。
    (経済産業省『平成26 年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)』より)
  • これまで、越境ECの輸送ではEMS(国際スピード郵便)が中心でしたが、物量の急増に伴い、出店者から輸送、通関の遅延を懸念する声が上がっていました。

【ご参考】

 11月11日は「双十一」=独身の日、といわれ、ECショッピングサイトの売上げが爆発的に増加する日、として知られるようになりました。昨年、中国大手EC業者・アリババの運営するショッピングサイト「天猫」では、1日で571億元(約1兆790億円)の売上げを記録した、と発表されました。

 当社は、今後も高度化・多様化するお客様のニーズにお応えする物流サービスの開発に取り組み、グローバルロジスティクス事業の更なる拡大に努めます。

※1 ECサイト インターネット上で商品を販売するウェブサイト。
※2 ECモール 多数の企業や商店のECサイトが集まった、ウェブ上の仮想的商店街。
   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 航空事業支店 国際貨物部 フォワーディング開発課
担当:泉・森川・平井
TEL:03-5442-5254
報道関係 日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上