日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、カンボジア発複合混載輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT」で大阪向けを開始~11月第2週から週一便、7月開始の東京向けに加えサービス拡充~

日通、カンボジア発複合混載輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT」で大阪向けを開始

2015年11月06日

~11月第2週から週一便、7月開始の東京向けに加えサービス拡充~

 当社は、11月第2週から、コンテナ1本に満たない貨物を運ぶカンボジア発日本向け複合輸送サービス「NEXSAO - CAMBODIA SAT(ネックスサオ - カンボジア サット)」を充実させ、大阪向けの取扱いも開始します。

【商品の概要と特徴】

  1. 航空便より安く、海上輸送より早く
    全行程海上輸送に比べ、リードタイムを2日短縮
    運賃は航空混載便の約15分の1
  2. 安心で高品質
    プノンペン-ホーチミン間は自社トラックによるクロスボーダー一貫輸送。
    積み替えによる荷物へのダメージを低減
  3. 週一回の定期運行
    毎週水曜日預かり(CFS-CUT)、翌々週月曜大阪着(12日後)。
    火曜日に日通の倉庫へ搬入、水曜日から引き取り可能。

【背景】

  • 従来、カンボジア発日本向けの海上混載輸送は、シンガポール経由で行われており、同港で海上コンテナを一旦開けて、全ての荷物を積み替える作業が必要でした。
  • 当社では、日系企業では初めてカンボジア・ベトナム両国間を同一車両で通行できる「ダブルライセンス」を取得し、国境での積み替え作業なしの陸・海一貫輸送が可能となりました。
  • これを受けて、2014年4月から、コンテナ一本単位の複合輸送サービス「CAMBODIA-SAT」の販売を開始しました。
  • 2015年7月には、東京向けに混載サービスを開始しました。
  • 上記サービスの開始以来、大阪向けサービスのご要望を多数頂戴していました。

【今後の予定】

 欧米など、日本以外の仕向地へのサービス拡充も検討しています。

 当社は、今後も多様化する物流ニーズにお応えすべく、様々なモードを組み合わせた新しい輸送商品をご用意し、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 日本通運株式会社 グローバルフォワーディング企画部
担当:小山・渡邉・横山
TEL:03-6251-1633
報道関係 日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上