日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通グループ、那覇発香港向け・海上冷凍混載輸送サービス開始~琉球物流の新倉庫を活用、東京発、博多発香港向け貨物の利用も可能に~

日通グループ、那覇発香港向け・海上冷凍混載輸送サービス開始

2015年11月24日

報道関係各位

日本通運株式会社
琉球物流株式会社

日通グループ、那覇発香港向け・海上冷凍混載輸送サービス開始
~琉球物流の新倉庫を活用、東京発、博多発香港向け貨物の利用も可能に~

 日通グループの琉球物流株式会社(社長:大城毅)は、12月から那覇発香港向け海上リーファー(冷凍)混載サービスを開始します。
 日通グループ発着一貫オペレーションのもと、-20℃で輸送する、冷凍混載輸送サービスです。また、日本通運ではこれに合わせ内航船を利用した東京・博多発那覇向けリーファー(冷凍)混載サービスを開始します。

【輸送日数・スケジュール】
那覇-香港間   海上輸送日数 4日、那覇倉庫~香港引取り 10日
隔週サービス /月曜日CFS持込、金曜日出港
東京発那覇向け 東京持込から配送まで3日 週3便
博多発那覇向け 博多持込から配送まで2日 週3便

【設定温度】

 -20℃

【運賃・料金】

 航空便と比較しコスト約40%減 (実重量1tの場合)

【サービスの特長】

  • これまで沖縄から香港まで小ロットの冷凍貨物を輸送する場合は、主に那覇港からコンテナ単位(コンテナ貸切)で輸出する、航空便を利用する、本州に一旦輸送し、コンテナ1本に満たない他の冷凍貨物と積み合わせて混載サービスを利用する、という3つの方法でした。
  • しかし、それではコストが高い、輸送日数が長い、貨物がダメージを受けるという課題がありました。本サービスでは、沖縄から直接、コンテナに積み合わせて香港まで海上輸送することで、沖縄発冷凍貨物の課題を解決します。
  • 本サービスは、琉球物流(株)が那覇市建設中の3温度帯倉庫を発着コンテナフレイトステーション(CFS)として活用するもので、12月から暫定開始し来年1月から本格稼働します。これにより東京、福岡発の貨物を本サービスにつなげることもできるようになり、コスト削減やリードタイム調整などが可能になります。
  • 日通グループの陸海空ネットワークを活用し、発地でのお客様ドアからの集荷をはじめ、航空貨物を取り扱う沖縄日通エアーカーゴサービス(株)とも連携したワンストップサービスを実現します。
  • 損害保険ジャパン日本興亜と開発した食品専用貨物保険を用意(国際)、輸送中や通関時のダメージによる損害をカバーします。

【サービス開発の背景】

 沖縄県では、県産加工食品の輸出拡大をめざし、アジア各地の食の嗜好を調査し、県内食品メーカーの生産を支援しています。具体的には、アグー豚の輸出や沖縄食材を用いた日本料理店の展開などを行い、沖縄県産の食材の輸出は年々拡大、今後冷凍食品も増加することが予想されます。
 一方、食品の輸出は、輸送手段、コスト、リードタイム、品質管理に課題があり、より多様な輸送サービスのニーズが沖縄県内、県外ともに求められています。

 当社はこれまでも海外向けには東京、大阪、神戸、九州を発地として、香港、バンコク、シンガポール、マレーシアへのリーファー(冷凍、冷蔵)混載サービスを展開してまいりました。この度、香港向けの発地として沖縄を追加し、日本の食品輸出・輸送をサポートしてまいります。

   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 :琉球物流株式会社 国際部
担当:村山・高木
TEL:098-861-4701
日本通運 海運事業支店 事業統括部
担当:北田・西重
TEL:03-6858-3678
報道関係:広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上