日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、中国国内の小口混載トラック輸送サービス「零担特快」を拡充~「特快便」「一般便」の二区分で輸送ニーズの多様化に対応~

日通、中国国内の小口混載トラック輸送サービス「零担特快」を拡充

2015年12月2日

~「特快便」「一般便」の二区分で輸送ニーズの多様化に対応~

 当社の現地法人日通国際物流(中国)有限公司(社長:松尾純利)は、中国国内の小口混載トラック輸送サービス「零担特快(リンダントッカイ)」を大幅にリニューアルし、11月20日から新サービスを開始しました。
 上海に加え蘇州での受託を追加するとともに、配送スピードを重視した「特快便」とコストを重視した「一般便」に商品区分を分け、多様な輸送ニーズにお応えします。

【サービスリニューアルの内容】

  1. 商品区分
    • 「零担特快便」
      配送スピード重視の高速輸送サービス。
      上海-北京・広州間を最速38時間、上海-武漢間を19時間、新設の蘇州―広州間を44時間で、ドア・ツー・ドア輸送します。
      運行日:月曜日から金曜日の毎日
      運賃 :国内航空輸送の3分の1~5分の1
      (上海市内から北京市内までをドア・ツー・ドアで輸送した場合の比較)
      時間指定:可
    • 「零担一般便」
      スピードよりもコスト重視の輸送サービス。
      リーズナブルな料金で配達可能なルートを設定しました。上海・蘇州から広州間を60時間(2.5日)で配達と「特快便」より遅いものの、運賃は、平均15%程度割安なサービスです。
      運行日 :月曜日から金曜日の毎日
      輸送日数:特快便+1~2日
      運賃  :特快便の15~20%程度割安
  2. 受託都市の追加
    蘇州を発地に加えることで、更に利便性が高まりました。
    • 「零担特快便」
      (従来)上海     → 武漢・広州・天津・北京・深圳・東莞
      (新規)蘇州・上海 → 武漢・広州・天津・北京・深圳・東莞
    • 「零担一般便」
      (ルート1)上海 → 広州・天津・北京・深圳・東莞
      (ルート2)蘇州 → 鄭州・武漢・広州・西安・重慶・成都
  3. サポート体制
    • 情報システム
      専用システムを導入し、貨物の追跡管理に加え、出荷オーダー処理、KPI管理を実施し、「配達プロセスの見える化」サービスを提供します。
    • 運行管理
      中国内主要都市に展開する自社拠点を活用した運行管理で、従来サービスでは配達遵守率99%以上(2014年度実績)を達成。また、万一のイレギュラー発生時には、各都市の自社スタッフが万全の体制でカスタマーサービスを行います。
  4. 欧州向け、南アジア向けクロスボーダー輸送サービスとの接続
    • 11月16日からサービスを開始した「中欧間鉄道輸送サービス」に武漢で接続、欧州55都市の拠点を利用し、欧州各地への配送が可能です。
    • 重慶を経由し昆明へ転送し、「南北回廊(昆明~タイ)輸送サービス」と接続、マレーシア、シンガポールなど南アジアへの転送が可能です。

【サービスリニューアルの背景】

  1. 国内消費市場の拡大による輸送品目の多様化
    2010年発売当初は、日系企業(自動車メーカー中心)向けの調達物流をターゲットとしていましたが、近年の消費市場の拡大から販売物流が活発化。今後も輸送量が増えることが見込まれます。また、販売物流では輸送品目が増え、少量多頻度配送や価格に見合った輸送コストなど物流ニーズも多様化するためサービスメニューを充実する必要がありました。
  2. 生産拠点の内陸へのシフト
    沿岸部のコスト上昇、内陸の市場拡大から企業の内陸部への移転が進んでいます。
    このため受託地に蘇州を加えて、お客様の利便性を高めます。
    当社は、今後も中国国内での物流サービスメニューを充実させ、お客様の多様なニーズに応えてまいります。
   ◇本件に関するお問い合わせ先
お客様 グローバルフォワーディング企画部
担当:小山・渡邉・横山
TEL:03-6251-1633
報道関係 広報部 担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上