日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2015年)  >  日通、ベトナムハイフォン市ディンブー工業団地に新倉庫を建設~ベトナム日通エンジニアリング本社およびベトナム日通、輸出ハブ拠点として運用~

日通、ベトナムハイフォン市ディンブー工業団地に新倉庫を建設

2015年12月29日

~ベトナム日通エンジニアリング本社およびベトナム日通、輸出ハブ拠点として運用~

 当社の現地法人ベトナム日通エンジニアリング有限会社(社長:松本佳英 以下、ベトナム日通エンジニアリング)は、ベトナムディンブー工業団地に新倉庫を建設、12月8日竣工しました。
 新倉庫は、ベトナム日通エンジニアリングが本社を移転、エンジニアリングセンター(クレーンなどの重機建設用機材の専用保管用施設)として活用、またベトナム日通(社長:長嶋 敦)がハイフォンロジスティクスセンターとして運用します。
 同倉庫の竣工で、日通グループのベトナム国内の拠点は11都市、31拠点、倉庫面積69,648m2になりました。

(新本社社屋外観)

【新倉庫建設の背景・目的】

 ベトナム北部ハイフォン市及びその近郊には、多くの工業団地があり、日系企業のみならず多くの外資系製造業が進出しています。ディンブー工業団地はその中でも最大の面積で、海上貨物のゲートウェイであるハイフォン港に面しています。2018年には、ラックフェン港(深水港)が開港、同港からも約10分という好立地です。また12月5日、ハノイとハイフォンを結ぶ高速道路が開通しました。
 ベトナム日通エンジニアリングでは、ハイフォン市の物流拠点としての優位性を背景に新拠点を建設、本社、エンジニアリングセンターとするとともに、ベトナム日通も同拠点を活用することで、重量品輸送、プラント建設などの重機建設業務から調達物流、製品物流のロジスティクス業務まで、ベトナム北部での物流サービスの強化を図ります。

【ベトナム日通 ハイフォンロジスティクスセンター】

 主にハイフォン、ハノイ周辺の工業団地から出荷される加工製品の海外向け輸出ハブ、部品調達のためのバイヤーズ混載、非居住者在庫管理をはじめ、今後の内需拡大を見込み、定温・低湿設備を活用して、ベトナム国内の店舗向け配送などの業務を行う予定です。

【新倉庫の概要】
名称 ベトナム日通エンジニアリング新本社
ベトナム日通 ハイフォンロジスティクスセンター
所在地 Dong Hai 2 Ward, Hai An District, Hai Phong City
(ディンブー工業団地内)
敷地面積 55,300m2
構造 倉庫 鉄骨造平屋建て / 事務所 鉄筋コンクリート造三階建て
延床面積 倉庫 16,249m2、トラックターミナル 7,000m2
主要設備 保税倉庫、コンテナフレートステーション、一般倉庫
定温・低湿空調、エアカーテン付きコンテナドック(14基)
   ◇本件に関するお問い合わせ先
日本通運株式会社 広報部
担当:滝澤・田中
TEL:03-6251-1454
e-mail:

以上