日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2016年)  >  日通、カンボジア発複合輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT(Truck & Sea)でハンガー輸送サービスを開始

日通、カンボジア発複合輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT(Truck & Sea)でハンガー輸送サービスを開始

 当社は、カンボジア発高速複合輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT」(Truck&Sea)サービスに、ハンガーキットを取り付ける「ハンガー輸送サービス」をサービスラインアップに追加、2月20日から開始します。

20160217-2-1.jpg

(カンボジア―ベトナム間国境を通過する
ダブルライセンス車両)

20160217-2-2.jpg

(ハンガーキットを設置したコンテナ)

【サービスの特徴】

  • 当サービスは、2014年4月に販売を開始したカンボジア発複合輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT」の商品ラインアップに「ハンガー輸送サービス」を加え、販売を行うものです。
  • ハンガー専用コンテナではなく、通常の海上輸送コンテナにハンガーキットを設置することが特徴です。
  • ハンガーキットを使用することで、ハンガー専用コンテナの運用を待つ必要がなく、お客様のスケジュールに合わせた出荷ができます。
  • コンテナへのハンガーキットの設置は、事前に当社が行います。
  • スーツやドレスなどの服飾品を縫製工場のあるカンボジアから日本主要港までコンテナ内に吊るしたまま輸送します。
  • 工場側では梱包作業、梱包資材が削減され、店頭では、開封の手間がかからず、すぐに陳列、販売できます。
  • 料金は、運賃にハンガーキット使用料、取り付け費用をプラスするだけのわかりやすい設定です。
  • 「NEXSAO-CAMBODIA SAT」は、カンボジアからホーチミンまでは、ベトナム日通のダブルライセンス車両で国境での積み替えなしで輸送し、ホーチミンから日本まで海上輸送する、スピードと安全性を重視した高速複合輸送サービスです。
  • カンボジアから日本まで海上輸送した場合に比べて、リードタイムは最大9日削減、航空輸送した場合と比べて輸送コストは約80%削減できます。

【商品開発の背景】

  • カンボジアには、アパレル企業の縫製工場が多くあり、日本への輸出拠点となっています。
  • 完成した服飾品を箱詰めして輸送した場合、日本側では折りたたんだことによるしわ取り作業が必要で、店頭に陳列するまで手間がかかっていました。
  • ハンガー専用コンテナで輸送すれば、日本側でしわ取り作業が不必要ですが、出荷時期によってはハンガーコンテナが不足し、スケジュールが不安定なため、ハンガーキットを独自に調達。通常の海上コンテナでも簡単にハンガー輸送できるサービスを開発しました。
  • 納期の短い製品も多くなっており、少しでも早くという需要にこたえるため、複合輸送サービスのラインアップを強化しました。

【今後の展開】

  • カンボジアは、アパレル産業をはじめ多くの製造業の進出が見込まれます。今後もアパレル製品のみならず、様々な製品特性に合わせた輸送方法を検討します。

 当社は今後も、成長著しいアジアと日本・世界をつなぐサービスを、様々な輸送モードを組み合わせて皆様へ提供し、アセアン地域での輸送の拡充を図ってまいります。

◇本件に関するお問い合わせ先

  • お客様 日本通運株式会社 グローバルフォワーディング企画部 担当:小山・渡邉・横山
  • TEL:03-6251-1633
  • 報道関係 日本通運株式会社 広報部 担当:滝澤・田中
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

以上