日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2017年)  >  日通ロジスティクスミャンマー、ティラワ経済特別区に倉庫を新設~6月1日から営業開始~

日通ロジスティクスミャンマー、ティラワ経済特別区に倉庫を新設

~6月1日から営業開始~

 当社の現地法人、日通ロジスティクスミャンマー株式会社(社長:野尻浩)は、ティラワ経済特別区(SEZ)に建設中であった多機能ロジスティクス倉庫「ティラワ・ロジスティクス・センター」を竣工し、6月1日から営業を開始します。

20170522-2-1.jpg

【ティラワSEZの概要】

 「ティラワ・ロジスティクス・センター」が所在するティラワSEZは、ヤンゴン市街地から南東へ約20kmに位置する、日本とミャンマーの官民が共同開発をした工業団地で、日本をはじめタイやシンガポールなど16カ国、約80社(2017年3月末時点)が進出を決定しています。進出企業の主な業種は、建材・食品飲料・アパレル・自動車関連です。
 隣接するティラワ港では貨物ターミナルを増設する計画があるほか、同SEZのあるヤンゴン近郊とタイ国境を結ぶ道路の拡張も計画されています。同SEZ自体も拡張の計画があり、生産・物流の一大拠点となる可能性を有しています。

【ティラワ・ロジスティクス・センターの特長】

  • 同国内で唯一ティラワSEZだけに認められている保税機能を活かした、保税保管サービスの提供。
  • 温度管理や防カビ対策が求められるアパレル製品、化学品保管を対象とした定温除湿庫を設置。
  • ミャンマーでは外国企業が製品を輸入し、国内で販売されることが禁止されているが、同SEZに進出する企業は、輸入した製品に再包装、ラべリングなどをすることで国内で販売する特例が認められており、同倉庫では流通加工業務が可能。

 日通ロジスティクスミャンマーでは、航空・海運フォワーディング、通関、国内配送(保税輸送を含む)、クロスボーダートラック輸送、倉庫、重量品輸送などの総合物流サービスを提供します。今後ますますの発展が期待されるミャンマーでのロジスティクス機能を強化するとともに、トータルでお客様のニーズにお応えし、「グローバルロジスティクス事業の更なる拡大」に努めます。
 なお、開所式を6月1日(木)に執り行います。

20170522-2-2.jpg

(新倉庫外観)

【施設概要】
名称 日通ロジスティクスミャンマー株式会社
ティラワ・ロジスティクス・センター
(Nittsu Logistics Myanmar Co., Ltd. Thilawa Logistics Center)
住所 Lot No A-9, Thilawa SEZ Zone A, Yangon Region, Myanmar
電話番号 +95-1-2309147/2309148/2309149
敷地面積 50,575m2
延床面積 5,827m2
倉庫面積 4,010m2
事務所 507m2(1階:267m2、2階:240m2)
構造 鉄骨造平屋建て
主要設備 高床ホーム、ドックレベラー8基
定温除湿庫(1,000m2)

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:田中・佐藤
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

以上