日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2017年)  >  創立80周年記念事業について

創立80周年記念事業について

2017年9月29日

報道関係各位

日本通運株式会社

 当社は、本年10月に創立80周年を迎えるにあたり、記念事業として、下記の取組みを行います。

1.社会貢献事業(寄付事業)の実施

 これまで物流を通じて社会を支え、その発展とともに歩んできた当社が、これからもその責務を果たしていく姿勢を示すとともに、80周年を迎えられた感謝の意を込めて、社会貢献活動としての寄付を実施いたします。

  1. 実施内容
    日本赤十字社殿へ、移動採血車(献血バス)の寄贈を行います。
    東京都、愛知県、大阪府の各血液センターへそれぞれ1台、合計3台を寄贈いたします。
  2. 趣旨
    病気やけがの治療に使用される輸血や血液製剤製造に必要な血液は、健康な人々が自発的に無償で提供する「献血」に支えられていますが、近年、少子高齢化の影響もあり、献血協力者は減少が続いています。
    そこで、最も身近なボランティア活動であるこの「献血」を、当社が少しでも後押しできるよう移動採血車を寄贈いたします。

2.企業メッセージの制定

 目に見える「製品」を持たない当社においては、従業員一人ひとりが、「日本通運とは何か」の表現主体であり、その日々の行動や意識の積み重ねが「日本通運らしさ」を作り上げることになります。
そこで、日本通運固有の提供価値、つまり"日通ブランド"を端的に表す言葉を「企業メッセージ」として制定し、これを社内外に浸透させることで、従業員一人ひとりが日本通運の提供価値について考え、理解し、その結果、日々の行動の変化にまでつながるよう働きかける取り組みを実施いたします。
 これにより、当社グループが、常に物流を通じた新たな価値創造に挑戦し、これからも社会の発展に貢献し続ける原動力とすることを目指すものです。

  1. 企業メッセージ
    20170929-1-1.jpg
  2. 企業メッセージに込めた思い
     物流とは、ただモノを右から左に運ぶことではなく、モノが本来の価値を発揮できるよう動かし、送る人の思いをなんとしても実現することであり、私たちはそのために、どんなときでも、あらゆる手段を尽くして最善の方法を見つけ出し、必ずやり遂げる。
     このような私たちの強い意志と自信を込めたもの。
  3. 制定日
    2017年10月1日

3.安全・品質に関する体制整備事業の実施

 当社が、これからも社会から求められ、信頼される存在であり続けるために、その拠り所であり、私たちの「誇り」の源泉でもある「安全・品質」に関する体制整備事業を実施いたします。

  1. 実施内容
     当社の研修施設である伊豆研修センターのリニューアルを実施いたします。
  2. 趣旨
     当社伊豆研修センターは、特に技能教育の中核として、グループ従業員も含め、毎年、多くの従業員が、そこで安全・品質に関する技能を磨いており、当社の「安全・品質」に関わる技能向上のための象徴的施設です。
     当該施設については、今後も、技能の承継と新たな知恵や技術の創出を通じて、日通グループ従業員の「誇り」の源泉となるべき場として、日本通運グループに必要不可欠なものであり、創立80周年を機にこれをリニューアルいたします。
     このリニューアルにあたっては、人材のダイバーシティにも配慮した施設とするとともに、十分な耐震性能や非常用発電装置、太陽光発電設備、LED照明を有し、高断熱材や施設周辺の森林間伐材を使用する等、災害に強く、かつ、CO2排出を抑制した環境配慮型施設といたします。
  3. 事業(建設)計画概要
     詳しくは下記の「伊豆研修センターのリニューアル事業について」をご参照ください。
  4. 新名称について
     今回のリニューアルにともない、新名称を以下の通りといたします。
     新名称:日本通運グループ 伊豆研修センター「NEX-TEC 伊豆
     20170929-1-2.jpg

【伊豆研修センターのリニューアル事業について】

1.事業内容
伊豆研修センターのリニューアル事業

  1. 研修棟の建替え
  2. 宿泊棟の建替え
  3. 浴室棟の新設
  4. 第二整備棟の新設

2.事業(建築)計画概要

  1. 建設地
    (1)所在地番  静岡県伊豆の国市韮山多田986-1
    (2)用途地域  市街化調整区域
    (3)敷地面積  98,324.53m2(29,743.2坪)
  2. 構造・規模・設備内容
    (1)研修棟 鉄骨造 地上2階・地下1階 床面積3,511.76m2
    1階   食堂(最大168名) 事務室、応接室
    2階   大研修室(最大210席) 談話室
    地下1階 書庫、資機材庫
    (2)宿泊棟 鉄筋コンクリート造 地上3階 床面積3,910.09m2
    地下1階-地上3階
    宿泊室 2人部屋62室、ユニットバス付1人部屋36室
    計98室(最大160名)
    (3)浴室棟 鉄筋コンクリート造 地下2階 床面積742.55m2
    地下1階 大浴室(1室) 小浴室(1室) ラウンジ
    地下2階 ボイラー・機械室、非常用発電機室
    (4)第二整備棟 鉄骨造 地上2階 床面積3,740.90m2
    1階 重機他研修フロア(天井クレーン付)、資材置場
    2階 小研修室(5室)、引越訓練スペース

3.環境配慮型設備/非常用設備

  1. 高断熱ガラス  (全館)
  2. 間伐材内装   (研修棟)
  3. LED照明     (全館)
  4. 非常用発電設備(研修棟)
  5. 太陽光発電   (第二整備棟)

4.今後のスケジュール

工事期間 4年1ヵ月 2017年10月 地鎮祭/調整池造成工事着工
    2019年 7月 宿泊棟、浴室棟竣工
    2020年 9月 研修棟竣工
    2021年11月 第二整備棟竣工

参考:「NEX-TEC伊豆」完成イメージ図

20170929-1-3.jpg

20170929-1-4.jpg

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:神・福田
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

以上