日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  グローバルロジスティクス  >  国際輸送  >  国際航空輸送  >  国際航空輸送商品のご紹介  >  温度管理輸送-TempSureシリーズ  >  TempSure Thermo ULD

TempSure Thermo ULD

TempSure Thermo ULDは航空機搭載パレット(ULD=Unit Load Devices)単位で、定温輸送環境を提供する商品です。大量・大型貨物の温度管理輸送に対応。

こんなことでお困りではありませんか?

出荷量が多いと高コスト

出荷量が多いと高コスト

従来の保温コンテナだと出荷量に比例して高コストになりやすい。

外気温下での温度上昇が心配

外気温下での温度上昇が心配

発着地の航空機搭載時に外気温の影響を受けやすく、温度逸脱のリスクが高まる。

サービスの特長

多様な荷姿に対応

多様な荷姿に対応

1ケースからでもULDまるごとでもOK。

低コストを実現

低コストを実現

ボリュームメリットを活かし、従来の電源式温度管理コンテナを複数台使用する場合に比べ、約半分のコストで輸送可能。(※弊社想定条件において)

外気温下での定温管理

外気温下での定温管理

外気温の影響を受ける発着地の航空機のランプサイドでも、内部を定温に維持します。

サービス概要

航空機搭載パレット(ULD=Unit Load Device(※1))単位で、特殊な断熱材と潜熱蓄熱材(※2)を用い、養生内部を定温に維持します。①2〜8℃、②15〜25℃の2つの温度帯があります。

輸送フロー
「TempSure Thermo ULD」で覆います。

当社施設でお預かりした貨物を積み付けし、「TempSure Thermo ULD」で覆います。

「TempSure Thermo ULD」航空機への搭載直前

貨物は航空機への搭載直前と、取り降ろし直後に、屋外環境に晒されますが、「TempSure Thermo ULD」が温度を調整し、定温維持します。

「TempSure Thermo ULD」航空機へ搭載

航空機機内でも、「TempSure Thermo ULD」が貨物の温度を調整・維持します。

  • ULD(UNIT LOAD DEVICES):航空貨物を一定の単位にまとめ、航空機の貨物室に搭載するための用具の総称。
  • 潜熱蓄熱材:物質が相変化する際の「潜熱」を用い、指定する温度域を維持する機能を持つ素材。

サービスフロー

輸送事例(案):成田発シカゴ向け

輸送事例(案):成田発シカゴ向け
  • 外気温、資材数量により、維持できる温度帯・時間が変わります。
  • 資材の在庫状況により、出荷日を調整させていただく場合がございます。

ご利用上の注意

  • 一部商材については、本サービスの対象外となります。詳しくはお問い合わせください。
  • 温度維持能力については、検証しておりますが外部環境の影響を受け、変動する可能性があります。

TempSure サービスラインナップ

-20℃以下から25℃まで幅広い温度帯となっており、医薬品をはじめ、温度管理が必要となる、さまざまな商材に対応可能です。

商品名 温度帯 大量ロット 少量ロット 商品概要 仕出地 仕向地
TempSure Thermo ULD 15℃〜25℃ 航空機搭載パレット(ULD=Unit Load Devices)単位で、定温輸送環境を提供する商品です。大量・大型貨物の温度管理輸送に対応。 成田 世界
主要都市
2℃〜8℃
15℃〜25℃ 専用の保温輸送容器と特殊な蓄熱材を用いて、容器内を定温帯に保って輸送します。厳格な温度管理が求められる商材対応商品です。 成田
・関空
世界
主要都市
2℃〜8℃
2℃〜8℃ 専用保冷容器を用い、冷却材はボタンを押すだけで冷却が始まるため、これまで同温度帯を輸送時に維持するために必要だった予冷や保冷剤の交換が不要です。 全国 世界
主要都市
2℃〜8℃
(0〜10℃)
独自の高性能保冷ボックス/パレットを使用し、長時間輸送に適した商品です。精密機器、化学品、食料品等、幅広く展開しています。 成田
・関空
・中部
世界
主要都市
0℃以下
-20℃以下
当社独自の高性能保冷ボックス/パレットを使用し、長時間輸送に適した商品です。低温度帯での温度管理が求められる医薬品検体や特殊化学品などにも対応可能な商品です。 成田
・関空
・中部
世界
主要都市

関連情報

関連商品・サービス

国際航空輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。