ニュースリリース

お知らせ

世界中に放たれた球を"NINJA"の技でキャッチ!華麗なアクションとスーパープレイの"忍者野球"が実現

~日本通運 WEBムービー「NINJA BASEBALLER」 2月28日(火)公開~

 当社は、世界最高峰のベースボール・トーナメント『2017 WORLD BASEBALL CLASSICTM』(以下、WBC)のグローバルスポンサーとして、世界一奪還を目指す日本代表「侍ジャパン」の挑戦を応援します。このたび、WBCを盛り上げるべく、WEBムービー「NINJA BASEBALLER」(133秒)を、2月28日(火)10時より、YouTubeおよび特設サイトで公開します。また、TV-CM「NINJA BASEBALLER」篇(30秒)を3月1日(水)からオンエアを開始します。

 日本通運は、世界各国を網羅したネットワークと、陸海空にわたる様々な輸送手段を基盤とした総合物流企業です。個々の社員の専門的な技術と高い組織力を活かして、世界各地で物流のソリューションを提供している当社と、「個」の技術と、「チーム」としての力で、世界を舞台に活躍する野球は非常に親和性が高いことから、協賛するWBCの開幕に合わせて、スペシャルムービーを制作しました。

 本ムービーでは、「侍」同様、世界中で認知されている「忍者(NINJA)」をモチーフに、野球の"走・攻・守"とNINJAの"特殊技能"を融合させた、ダイナミックかつ華麗なアクションを、最新のCG技術を駆使した神秘的かつクールな世界観とともに表現しています。

20170227-1.jpg

"忍者"をモチーフにしたクールな動画を世界に発信!

 今回は、日本通運の持つ「高いスキル」を世界中にインパクトをもって表現するために、忍者というモチーフを活用しました。忍者が内に秘めた魂(SOUL)を解放すると、そこには崇高な野球選手の魂が存在し、投げる、打つ、守るという高度な技術力を感じるシーンから、魂のこもったボールが世界中に広がり、グローバルな物流でその技を光らせる日本通運スタッフのもとへ伝播していきます。

 また、忍者は、古来より、さまざまな特殊技能を駆使して、自身が仕える侍(武士)たちの戦術・戦略を陰から支えてきた、日本生まれの技能集団。"NINJA BASEBALLER"に変身した世界各国の日本運通のスタッフが、劇中でボールをキャッチするシーンには、忍者と同じ縁の下の力持ちとして、侍ジャパンの世界一を応援したいという当社の思いが込められています。

撮影エピソード

斬新かつスタイリッシュな現代版"NINJA"

 黒を基調とした近代的なNINJAのコスチュームデザインは、独創的な造形センスで、様々な衣装やキャラクターデザインを手掛ける、新進気鋭のスタイリスト・竹之内レミ氏が担当。ボディスーツの素材は動きやすいように革で手作りしたオリジナル。仮面は日本通運の輸送手段である「陸」「海」「空」をモチーフに、全部で5種類を制作。グローブには日本通運のロゴを刺繍しています。昔ながらの忍者のイメージに、現代的なエッセンスを加えることで、「MOST VALUABLE LOGISTICS PLAYER」をテーマにした作品にふさわしい、斬新かつスタイリッシュなNINJAのキャラクターを生み出しました。

最新CG&壮大な音楽、シネマスコープで世界観を演出

 今回、数多くのシーンをスタジオのグリーンバックで撮影しましたが、背景や手裏剣、変身シーンなどは最新のCG技術により、近未来を感じさせるスピード感あふれるクールな映像に仕上がりました。さらに、映像の上下に黒の帯が入る「シネマスコープ」で撮影することで、映画のようなダイナミックな映像を実現しました。音楽は、和を感じさせる旋律と楽器を使用し、ストーリーが進むにつれてドラマチックに展開するオリジナル音源により、本ムービーを盛り上げます。

WEB動画概要

WEBムービー
タイトル 「NINJA BASEBALLER」(133秒)
公開開始日 2017年2月28日(火)
公開先 日本通運YouTube公式チャンネル
新TV-CM
タイトル 「NINJA BASEBALLER」篇(30秒)
放映開始日 2017年3月1日(水)
放映エリア 全国

スタッフリスト

エージェンシー 株式会社電通
CD 津田大介
PL 塚本祐介
CW 忽那治郎・大関敦子
AD 阿部泰成
CP 河崎英彦
AE 坂口俊彦・三ツ井隆・三輪友寿
松田雄司・新垣みのり
プロダクション 太陽企画株式会社
プロデューサー 平田健一・細川修平
PM 藏ヶ﨑妙・安藤亮
ディレクター 本郷伸明
撮影 橋本英之
照明 茨城昌弘
美術 荒井千枝
CG 阪田俊彦・早井亨
音楽 ノダマサユキ
スタイリスト 竹之内レミ
ヘアメイク 飯田怜奈
PR 松尾雄介

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:田中・吉永
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

ニュースリリース