ニュースリリース

グローバルロジスティクス関連情報

日通、バンコク-クアラルンプール、バンコク-ハノイ間混載輸送サービス刷新

~クロスボーダー陸送サービスをよりご利用しやすく~

 当社は、東・南アジアで展開しているクロスボーダー陸送サービスのうち、3月1日からバンコク-ハノイ間(商品名:NEXSAO HB1500-LCL)、バンコク-クアラルンプール間(商品名:NEXSAO BK1600-LCL)の混載輸送サービスを刷新いたしました。

【ルート図】

20170413-2-1.jpg

【設定の背景】

 海上輸送に対するリードタイム、航空輸送に対するコストの優位性を兼ね備えたクロスボーダー陸送サービスへの需要は年々高まっております。
 特に需要の高いバンコク~ハノイ、バンコク~クアラルンプール間では、トラック1台を1社で使用する貸切輸送に加え、少量多頻度の輸送に対するニーズが高まっています。
 このため、当社では、お客様がよりサービスをご利用しやすいよう、スケジュールの固定、料金体系の刷新、輸送追跡機能の追加を行ったものです。

【サービス刷新内容】

  1. 混載便定期運行スケジュールの設定
    ・バンコク~クアラルンプール間
     月曜~金曜まで平日毎日運行
    ・バンコク~ハノイ間
     バンコク発ハノイ向け: 週一回・金曜日発月曜日着(CFS to CFS)
     ハノイ発バンコク向け: 週一回・木曜日発日曜日着(CFS to CFS)
  2. 料金体系の刷新(タリフ料金制度の導入)
  3. ウェブでの輸送状況追跡サービスの開始(Shuttle System)
    ※お客様ごとに、専用ページ内で輸送状況をご確認いただけます。

 当社は、今後も様々な輸送サービスの提供を通じて、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指します。

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:田中・佐藤
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

ニュースリリース