日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  あ行  >  上屋

上屋

<読み>うわや<英語・別名称>Shed

上屋とは、保税地域にあって、輸出(本船に積み込む前)および輸入(本船から荷揚げされた)貨物の一時保管・荷捌きを行う施設のことです。

貨物の分類・仕分け・検査・税関手続き・一時保管の一切を行いますが、一時保管という点で、一般の倉庫(保管・貯蔵が目的)とは区別され、上屋は港湾運送事業法、倉庫は倉庫業法に属します。

民間業者が整備・運営するものと、港湾管理者が行う公共上屋があります。また、輸出入貨物を保税(関税が保留された状態)のまま置いておける上屋は「保税上屋(Bonded Shed)」と呼ばれます。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す