日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  な行  >  燃料電池車

燃料電池車

<読み>ねんりょうでんちしゃ

燃料電池車は、水素と空気中の酸素を化学反応させて水と電気をつくり、電気をモーターにかけて走行する仕組みになっています。地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)も、大気汚染のもととなる窒素酸化物(NOx)も排出しないため、次世代の自動車として、ホンダ、トヨタ、日産、ダイムラー・クライスラー、ゼネラルモーターズ(GM)などの主要自動車メーカーが開発にしのぎを削っています。水素ステーションから高圧水素ガス(H2)を供給するのが一般的ですが、液体水素あるいはメタノールを使うタイプもあります。

しかし、実用化にあたって、いくつかの課題があります。例えば、一回の充填で走ることができる距離(航続距離)が短いこと、水素は爆発性があるので高圧ガス保安法、消防法など各種の規制により走行できる区間や水素ステーションの場所が限定されることなどが挙げられています。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す