日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  た行  >  トランシップ

トランシップ

<英語・別名称>Tranship

トランシップとは「積み替え」の意味です。積み荷港から輸送された貨物を、途中の港で別の船に積み替えることを指します。この後、最終的な積み降ろし港まで輸送されます。大型船の運航上、いったんベースポートに貨物を集約した方が良い場合などで行われています。アジアの主要港がこうした中継コンテナを積極的に取り込んでおり、例えばシンガポール港は取扱コンテナ個数の8割、台湾の高雄港は5割がトランシップ扱いです。

このように積み替えられた貨物のことをトランシップ貨物(Transipment Cargo)と呼びます。

また、外航船で輸送された貨物を艀(はしけ)や内航船などに積み替えて輸送することをフィーダー輸送といいますが、これもトランシップの一種です。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す