日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  TUV  >  TMS

TMS

<英語・別名称>Transport Management System

物流センター全体を管理する情報ツールがWMSですが、商品が物流センターから出荷された後、届け先までの輸配送をトータルに管理する情報ツールをTMSといい、「輸配送管理システム」と訳されています。

TMSは、配車計画や運行管理を支援するシステムを中心に構成されています。

配車計画は、毎日の運行スケジュールを自動割付し、トラックを何台使ったらよいかや、ドライバーの手配などの割り振りを行います。また、デジタル地図により地図上で走行ルートをシミュレーションしたり、所要時間を計測することができるようになっているものもあります。

運行管理は、トラックに搭載された車載端末や携帯電話により全車両の稼働状況を把握することができ、またGPS(位置測位システム)により車両がどこにいるかをリアルタイムに知ることができるようになっています。

これらに加え、荷主ごとの運賃データを出力したり、ドライバーの日報を自動作成するシステムなどもあります。また、トラックの荷室内にセンサーを搭載し、温度管理を可能にする機能を持つTMSも登場しています。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す