日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  WXYZ  >  WMS

WMS

<英語・別名称>Warehouse Management System

物流センター内の一連の作業、具体的には入荷・在庫・流通加工・帳票類の発行・出荷・棚卸などを効率化し、一元的に管理するソフトウェア「倉庫管理システム」のことです。

特に、在庫の照会、補充、履歴管理、ロット管理、SKU管理、温度管理といった在庫のリアルタイム管理を実現するものが増えています。導入することで、人的ミスを最小化し、作業時間短縮、生産性向上に役立ちます。

WMSには、大きく分けてオーダーメード型・パッケージ型・部分型があり、価格も数十万円から数千万円と幅広く、自社の実態に合わせたものを導入する必要があります。

各メーカーの特徴もさまざまですが、代表的なものを挙げると
1.あらゆる業種・あらゆる規模に対応
2.無線ハンディターミナルを利用した入出庫検品ができる
3.可変型
4.拠点が増えても対応する拡張性が高い
5.顧客の要望、荷主の要求に合わせてカスタマイズできる
6.在庫分析(在庫日数・ABC分析・コスト分析など)に優れる
7.あらゆるハンディターミナルに対応
8.音声による指示を行う
など、フレキシブルに対応するソフトが主流となっています。

さらに最近の特徴として、
9.複数の荷主に対応
10.複数の拠点を管理
11.多言語対応で海外拠点に対応
12.クラウド型のため、初期投資を抑え、速く導入できる
などが挙げられます。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す