日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス・ソリューション  >  3PL(サードパーティー・ロジスティクス)  >  3PLのメリット  >  商流と物流の分離

商流と物流の分離

3PL事業を推進するには、まず商流と物流の分離を推進。お客様がこれまで抱えていた課題を解決します。

通常の物流ルート

【課題】

  • 小売店からの緊急発注に備えて、営業スタッフが自店の営業所に余剰を抱えてしまう。
  • 営業スタッフからの緊急発注に備え、メーカーの物流センターも余剰に在庫を抱えてしまう。
  • 工場は物流センターからの追加発注に備え、余剰な生産計画を立て、半製品や原材料を余分に抱えてしまう。
通常の物流ルート

商流と物流の分離

【効果】

  • 流通在庫の適正量が把握できる。
  • 営業スタッフは本来の業務に集中できる。
商流と物流の分離

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)に関するお問い合わせ

プレ・コンサルティングは無料です。経験豊富なエキスパートが個別にご相談を受け付けます。