日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス・ソリューション  >  3PL(サードパーティー・ロジスティクス)  >  3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?

「Third(3rd)Party Logistics(略して3PL)」とは、一般的に荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し遂行することを言います。基本的には、荷主と運送業者という「利益相反」する関係による不都合を解決するために、ノウハウを持った第三者(日本では運送業者と同一である場合もある)が、荷主の立場にたって、ロジスティクスの企画・設計・運営を行う事業が「3PL」だと考えられています。

サードパーティーの定義

現在、日本国内で考えられている内容を整理すると右記のようになります。日本通運の3PLは、右記の概念をすべてカバーできる点が大きな特長です。

  アセット型 ノンアセット型
ファーストパーティー メーカー 荷主
セカンドパーティー 問屋・小売 問屋・小売
サードパーティー 物流事業者 3PL業者

3PL事業の概念図

「3PL」事業では、調達物流、工場内物流・販売物流(在庫管理・輸配送管理)・静脈物流(産業廃棄物、返品、修理品)を、お客様の物流セクションに代わってトータルに請け負います。

3PL事業の概念図

3PL事業を構成する要素

3PL事業には、「物流オペレーション能力」と「物流システム設計・提案能力」の2つの能力が求められます。また、「ハードウェア」「ソフトウェア」「ヒューマンウェア」の3つの要素も欠かせません。

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)に関するお問い合わせ

プレ・コンサルティングは無料です。経験豊富なエキスパートが個別にご相談を受け付けます。