日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  会社情報  >  日通のCSR活動  >  SOCIAL 社会

SOCIAL 社会

優先的に取り組むべき重要課題人権の尊重

マネジメントアプローチ

  • 主な社会課題

    • 高齢化社会における交通事故の多発
    • サプライチェーンを含めた人権侵害
    • 人権意識の欠如に伴う強制労働
  • 具体的な課題

    • 労働安全衛生の推進
    • 物流に係る社会安全の実現
    • サプライチェーンにおける人権尊重の徹底
  • 日本通運グループのアプローチ

    • 日通安全衛生マネジメントシステム(NSM)を通じた従業員への安全衛生の周知・徹底
    • 関係会社・協力会社への安全に関する指導・ 教育の推進
    • 人権に配慮した調達の推進
  • 関連するSDGs

管理指標

  • 目標: 各年度安全衛生管理方針・定量目標の達成
    安全衛生管理方針の詳細および実績は、下記「人権の尊重」をご確認ください。

  • 目標:管理職就任者の人権教育受講率 100%
    実績:2018年度就任者受講実績 83.4%

主な取り組み

労働安全衛生と共に、サプライチェーンを通じて人権を尊重し、社会的・公共的な使命を自覚して誰もが安全、安心な社会を実現します。

人権の尊重 [PDF 1,823KB]

持続的成長を支える労働環境の実現

主な取り組み

多様な人材が活躍し、仕事に誇りを持ち、幸せを感じる企業への変革に向け、グローバル人材の育成、ダイバーシティ&インクルージョン、ワークスタイルイノベーションへの取り組みを積極的に推進しています。

持続的成長を支える労働環境の実現 [PDF 697KB]

協働・共創によるイノベーションの実現

主な取り組み

日本通運グループは、イノベーションを通じたお客様や社会への価値創造と社会課題の解決を目指しています。

協働・共創によるイノベーションの実現 [PDF 1,137KB]

コミュニティ参画

主な取り組み

事業を通じた社会貢献活動により、地域に密着した課題の解決と社会づくりに貢献しています。人と自然が共存する、安全で安心な社会の実現を目指します。

コミュニティ参画

お問い合わせ

Webによるお問い合わせ

ご希望の方にはダイジェスト版をお送りしますので合わせてご連絡ください。