メニューページを開く

海外展開ハイウェイとは

従来との比較

「海外展開ハイウェイ」は、海外消費者様の購買意欲を高め、
海外販売に挑戦したいメーカー様の手間やコストを低減する仕組みです

他の手段との比較

「海外展開ハイウェイ」は、商社経由での輸出や越境ECに比べて、
現地の消費者・メーカー様共にメリットの大きい仕組みです。
世界最大のアメリカ市場で、消費者に受け入れられるか!?低いコストで!手間を掛けずに!
気軽に挑戦してみませんか。

海外展開ハイウェイ 商社等経由での輸出 越境EC
アメリカ
消費者視点
スピード アメリカに在庫を持つので、スピーディに届く!売れ行きを見て在庫補充が容易! 在庫があればすぐに買える。在庫が無いと補充まで時間がかかる。 日本から個別に発送。
届くまでに時間がかかる。
価格と
分かりやすさ
コストが低いので低い売価設定が可能!消費者様は、サイト上に表示された価格を払うだけ! 商社や小売業者のコスト・マージンがオンされた価格(高額化)。店頭での表示価格。 関税や輸送料などが追加され、注文時にはトータルコストが不明瞭。日本の小売価格より高くなる。
手続き 国内ECと同じ気軽さで注文するだけ! 店頭で購入するだけ。 輸入に必要な手続きは個人負担。
メーカー様
視点
開始の条件 日本語で、たったの3ステップ! 商社や小売業者の目利きをクリアした上で、指定納品個数を製造する必要がある。 英語と貿易事務の人材確保が必要。
手続き 日本で取引するのと同じ感覚で出品可能! 商品情報の詳細を開示する必要がある。
国内倉庫に納品。
オプション料を払い委託。自分でサイト登録英訳輸出入手続きやカスタマー対応が必要。
価格設定の自由度 消費者様への小売価格はメーカー様自ら設定可能!
反応を見て値下げも可能!
現地小売店が設定。 自由に設定可能。
コスト 分かりやすい費用体系!まとめて輸送・手続きするので低コスト! コストが分からず、メーカーが売り値を決められない。 分かりにくい費用体系。
小規模業者が個別に対応するので高コスト。
在庫 売れ残りリスクあり。
値下げすることで消化率アップ可能。
在庫リスク無し。 他の販売チャネルと共通在庫化可能。

海外展開ハイウェイを利用して販売いただいた場合のメーカー様の利益をシミュレーションできます。

利益のシミュレーションへ進む

今後の受託商品
拡充スケジュール

受託商品

  • 1.文房具
  • 2.キッチン雑貨
  • 3.日用雑貨
  • 4.インテリア・家具(大型でないもの)
  • 5.アパレル・ファッション

出荷スケジュールの詳細はこちらをご覧ください。

海外展開ハイウェイ出荷スケジュール [PDF 287KB]

海外展開ハイウェイ
サービス誕生の経緯

輸出の促進はアベノミクスの最重要課題のひとつであるにも関わらず、中小メーカーの海外展開が難しい状況です。
これは「販路の確保」「少量取引のための高い運賃」「貿易実務」などが原因で、 輸出を行うためには高いハードルが存在するからです。
「海外展開ハイウェイ」ではこれらの課題を取り除いて、低コストで手軽に輸出が行えます。
「まとめ・おまかせ輸出入」「海外ECサイト上での販売」
この商流・物流をセットでご提供します。
海外での販売に意欲のあるメーカー様が、軽い負担で、かつ自由度高く、海外販売にトライできる仕組みです。
ぜひ多くの皆さんにご参加いただき、海外での販売に挑戦していただければと思います。