【「生活相談サービス」ご相談・回答例】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

「生活相談サービス」ご相談・回答例

食生活

Q. 鉄不足を補う食事について教えてください。
A.

鉄はもともと吸収率があまりよくない栄養素です。鉄をしっかり摂るための食事法をご紹介いたします。
1吸収率のよいヘム鉄を含む食品鉄には動物性食品に含まれている「ヘム鉄」と植物性食品に含まれている「非ヘム鉄」があり、「ヘム鉄」の方が吸収率がよいです。
「ヘム鉄」を多く含む食品は、【レバー・アサリ・かつお・赤身肉】など、「非ヘム鉄」は【ひじき・菜の花・ほうれん草】などに多く含まれています。
2効率のよい食べ合わせ
ビタミンCやたんぱく質は鉄の吸収を促進します。たんぱく質は、血液中の赤血球やヘモグロビンの材料となる大切な栄養素です。良質のたんぱく質を含む食品とは、魚介類、肉類、卵、大豆製品、乳製品などです。
吸収率の悪い「非ヘム鉄」はこれらの食品や、新鮮な野菜や果物と一緒に食べるように心がけましょう。
逆に、コーヒーやお茶に含まれるタンニンや食物繊維は、一緒に摂ると鉄の吸収を阻害しますので、食物繊維を摂り過ぎないこと、お茶やコーヒーは食事と時間をずらして飲むようにすることなどに留意しましょう。
さっぱりした食事でも、食材選びや組み合わせを工夫することにより、鉄を効率よく摂ることができます。例えばアサリの水煮の缶詰は、調理が手軽なうえに鉄分が多く、1食分で1日に必要な量がまかなえます。

育児・子育て

Q. 最近、3歳になる娘が遊び食べをするようになりました。
お盆休みの間、実家に親戚が集まり一日中飲んだり食べたりしていたので、娘も一緒になってつまみ食いをしていました。家に帰ってもその癖が抜けなくて、だらだらと食べています。
やめさせたいのですがどうしたら良いのでしょうか?食事時間以外は食べ物を見せない方が良いのでしょうか?
A.

目の前に食べ物があったら大人でもついつい食べてしまいますよね。久しぶりにご親戚と過ごされた楽しい時間、大人も含め気をつけたいところです。お家に戻られたら、きっちりと正しい食事習慣に戻すようにしましょう。
まず、食べる時間以外は食べ物を見せないことです。そして、3度の食事とおやつの時間を決めて、それ以外は間食をさせないようにしてみましょう。例えば食事にかける時間を30分と決めて、時間が過ぎたら食べ終わっていなくても食事は下げるようにすると良いでしょう。時間になれば目の前のご飯がなくなってしまう、ということをお子さまが理解すれば自然と遊び食べは減っていきます。
お子さまが集中してお食事できるようにテレビをつけないようにすることはもちろんですが、ご家族一緒にお食事をとるようにすることも大切です。お子さまの食べるペースを見ながら、決まった時間内にご家族でお食事を終える習慣をつけましょう。
そのために、大人もだらだら食べないようにして、お子さまが集中して美味しく食べられるような環境を作ってあげて下さい。3歳になるということですので、例えば「だらだら食べているとお口の中にばい菌が住んでしまうよ」等とお話してあげることも良いでしょう。歯磨きの習慣もつけさせてあげて下さい。
手づかみ食べ、あるいは、スプーンやフォークで食べることからお箸やお茶碗を使って食べることも学んでゆく時期になります。食べることは基本的生活習慣の要でもあります。遊び食べが習慣にならないように、お子さまの様子を見てあせらずに、楽しい食事のリズムを作ってあげて下さい。

小中高の勉強

Q. 「東京に兄弟が住んでいる」の「東京に」が修飾してる部分を示せ、という問題がよくわかりません。
A.

「東京に」は「いる」を詳しく説明しているということなので、「東京に」を修飾しているのは「いる」、という考えであっているのでしょうか。
ご指摘の通り、「東京に」は「いる」を詳しく説明しています。
「いる」は動詞で、その場所を詳しく説明しているのが「東京に」の部分です。よって、「東京に」が「連用修飾語」、「いる」は「被修飾語」ということになります。
正確に言うと、この文では「住んでいる」全体で述部を形成していて、この「住んでいる」全体の修飾語が「東京に」となっています。
この文章を文節に分けると、「東京に/兄弟が/住んで/いる」となります。
「東京に」は先ほど説明したように、「いる」を修飾する連用修飾語になります。「兄弟が」は「いる」の主語です。「誰が」「いる」のかというと、「兄弟が」ということです。「住んで」は動詞「住む」の連用形「住み」の撥音便「住ん」+(接続)助詞「て」となっています。「いる」は補助動詞です。補助動詞というのは他の語について補助的な役割で使われる動詞のことです。補助動詞で使われている場合、本来の動詞としての意味は薄れています。ただし、動詞であることには変わりないので、自立語となり単独で文節を作ります。補助動詞で気を付けなければならないのは、補助動詞と補助されているもの、すなわち補助と被補助の関係にあるものは連文節となる、ということです。 今回の文の場合、「住んで」と「いる」が補助・被補助の関係にあります。この場合「住んで」+「いる」で連文節となります。そしてこの連文節全体で文の中で特定の役割を果たしています。この文ではこの「住んでいる」という連文節で述部となっている、ということになります。 この文の文節の役割をまとめると次のようになります。
「東京に」:修飾語。被修飾語は「住んでいる」
「兄弟が」:主語
「住んでいる」:「住んで」+「いる」の連文節。述部

■参考 修飾語・被修飾語の探し方
試験などで修飾語、被修飾語を探す問題が出題されたとき、上記のように語を分析して解くことも出来ますが、もっと早く解答を出す方法もありますので、単に文法学習をしたいということではなく、試験などで素早く点数をとりたいという方は参考にしてください。
1.文節に分ける
2.修飾語を、各文節に直接つなげる
3.一番すっきり通じるものを選ぶ。(それが修飾語に対応する被修飾語です。)
例)「東京には人がたくさんいる。」
この例文を使って、「東京には」がどこを修飾しているか考えてみましょう。
まず文節に分けます。→ 東京には/人が/たくさん/いるとなります。
次に「東京には」を各文節にくっつけていきます。
(1)「東京には」「人が」
(2)「東京には」「たくさん」
(3)「東京には」「いる」
この3つを比較した場合に、一番しっくりくるのは(3)ですよね。よって「東京には」は「いる」を修飾していると言えます。
このように考えることで試験では素早く解答が出せます。

介護

Q. 84歳の姑がおります。その介護に付いての相談です。
姑は介護1(更新中)で週2回のデイサービスを利用しています。
認知症が進み、やらないと約束したことや決めたことを破るようになりました。
親戚に相談もしてみましたが非協力的で、私自身が思い悩むことが多くなりました。
姑を大声で怒ることも多くなり、顔を見るのも嫌になったりと、壁にぶつかっています。
自分の気持ちをコントロールする方法はありますか?
A.

認知症の高齢者を介護する家族の大変さは相当なものです。
私と同じ福祉を専門職として働いている人間でも自分の親が認知症になったとき、頭でわかっているのに優しく接することができないと悩んでいたことを思い出します。
つらいでしょうが、私のお話が少しでもお役に立てれば幸いです。
はじめに認知症を理解しましょう。
まず認知症は病気であることをわかってください。
身体の疾患を因(よすが)として、記憶・判断力などの障害が起こり、 普通の社会生活が送れなくなった状態なのです。
お義母さまの症状は、認知症の中核症状といわれる記憶障害・判断力低下に伴う周辺症状です。
この周辺症状は人それぞれで現れ方が違います。
よく聞く、徘徊や物盗られ妄想などもこの周辺症状です。
以前は問題行動といっていましたが、近年捉え方が変わって、名称も変わりました。
わからないことが不安になっていろいろやってしまうようです。
決してお嫁さんを困らせようとしてやっているのではありません。
中核にある不安や心配を見つけて対処してあげてください。
次に、抱え込まず相談できる人を持ちましょう。
相談相手は専門職が良いですね。
ケアマネージャーやデイサービスのスタッフ、包括支援センターなどでお話してみてください。
同じ体験をした認知症の家族会もおすすめです。
そして、積極的にサービスを利用しましょう。
家に他人が入ることを”戸外の風が入る”と表現します。
空気がよどむと思考も暗くなりますね。

冠婚葬祭

Q. 入院の際に、いただいたお見舞いへのお礼はどうしたらいいですか?
A.

入院のお見舞いを頂いたときのお返し、表書きとしては、「快気祝」「快気内祝」「内祝」などを用います。
お返しをする時期としては、退院したり職場復帰をしてから2週間以内が目処ですが、あまり時期にこだわる必要はなく、落ち着いたところでお贈りください。
お返しの金額は半返しを目安にして、どなたがもらっても困らないもの、お菓子や、紅茶・コーヒーなどがよいでしょう。
職場へのお礼の場合は、個包装になっているお菓子などが喜ばれるかもしれません。
もしも、入院が長期にわたるので、退院はしていないが、お礼をしておきたいという場合は、表書きを「お見舞御礼」「御礼」などにして贈るという方法もあります。

パソコン

Q. 難しい漢字があって読み方をインターネットで調べるにはどうすれば良いでしょうか?教えてください。
A.

1.インターネット上の検索サイトで、検索窓(多くのサイトでは、ページの上部に四角い入力欄があります)に検索したい漢字を入力し、その後ろにスペースを入れてから「読み方」と入力して検索してください。例としては「嚔 読み方」という具合です。
2.1.の際、読み方がわからない漢字をかな変換で入力することはできないものと思われます。そのような場合、次の2つの方法が考えられます。
2-1.Webページ上にあった漢字でしたら、コピー&ペーストで検索窓に貼り付けてください。もとのページ上の漢字をドラッグして反転させたあとに右クリックで「コピー」を選択し、検索窓で再び右クリックで「貼り付け」を選択すると可能です。
2-2.書籍で見つけた漢字など、コピー&ペーストができない場合には、言語バーのIMEパッドから「手書き」入力をすることができます。画面右下の言語バーで「あ般」の右にあるペン立てのアイコンをクリックし、「手書き」を選択すると字を書くカーソルが表示されますので、その中にマウスを使って調べたい漢字を書いてください。隣の画面に候補となる漢字が表示されますので、調べたい漢字をクリックすると、検索窓に入力されます。
3.検索結果が何件か表示されますので、その中から読み方の載っているサイトを選んでクリックして頂くと読み方を解説したページに移動します。

暮らしのお金

Q. 30代の専業主婦です。主人は40代で子どもはいません。まだ結婚したばかりです。
主人も私も結婚を機にお金の使い方を見直そうとしているのですが、どうしても無駄遣いが多くなってしまいます。無駄な出費を抑えて、うまくお金を使う方法があれば教えてください。
A.

家計のやりくりについて、実践的なアドバイスさせて頂きます。
昨今では、メディアを通じて家計のやりくりに対する様々なアドバイスを見聞きすることができます。「教育・住宅・老後」の三大出費にいかに備えるかというテーマが多く、限られた家計収入の中からこの三大出費をどのように捻出していくかというアドバイスが多く見られます。
しかし、結婚の時点で「教育・住宅・老後」の全てを視野に入れた長期計画を立てておいても、机上の空論になってしまう可能性があります。というのも、第一子が誕生した段階で保育施設の問題やそれに伴う共稼ぎの生活など、直近のことに関するお金のやりくりで手一杯になってしまうことが多いからです。
そこで、今回はより実践的な方法をご紹介します。それは次の二つの口座を使い分ける方法です。
A:生活費のための口座
B:生活費以外の保管用の口座
これは個人事業主として働く方が、個人のための「プライベート用口座」と、事業のための「事業用口座」の二つの口座を使い分けてお金を管理しているのと同じ手法です。
具体的な口座の使い方は次のとおりです。
■二つの口座の使い方
(1)1ヶ月にかかる生活費の見積もりを出します。
食費・光熱費・家賃など生活にかかる費用を合計してみましょう。
(2)収入の中から(1)で算出した合計金額を「A:生活のための口座」に入金します。
(3)収入の残りを「B:生活費以外の保管用の口座」に入金します。
(4)家計簿をつけます。
(5)どうしても生活費が足りなくなり、「B」の口座から一時的な引き出しが必要となった場合には、家計簿に理由・用途・金額を明記します。
個人事業主の方が、個人的な出費のために事業用口座からお金を引き出す時には「事業主貸し」として、摘要欄に使用目的を記録します。この手法と同じように、ご相談者さまも「A」の生活費のために「B」からお金を引き出す際には記帳することを自らに義務付けることで、「B:保管用の口座」からお金を引き出すことが面倒になるような仕組みを作っておきましょう。 この仕組みをうまく利用して、直近の生活費と将来に備えるお金を区別し、管理されてはいかがでしょうか。
(2014年11月時点の回答)

― 「生活相談サービス」ご相談・回答例 をご覧の皆様へ ―
日通で引越しをしていただくお客様に、新生活をサポートする多彩なサービスがご利用できる「日通アシスタンスサービス」や他社にはない様々な特典やキャンペーンをご用意しております。また、お住まいのエリアによっては、エリア限定のお得なキャンペーンもご用意しておりますので、ぜひご利用ください。