引越ガイドブック2021年7月版
38/56

引越後、12週間以内にすることキリトリ当日にすること37備 考 備 考 新居へ移ってから14日以内に、転出証明書・印鑑を市区町村役所へ持参のうえ手続き。国民健康保険、国民年金、老齢年金、乳児医療、老人医療、児童手当、印鑑登録等の手続きを同時に行うと便利。①市区町村役所の転入届を済ませた後、教育委員会で転入学通知書を受け取る。②指定の学校へ在学証明書・教科用図書給与証明書・転入学通知書を提出。 私立校や地域により、手続きが異なる場合があるので要確認。自動引き落しは通帳・届出印を持参のうえ手続き。土地・建物を所有している場合は、法務局支局または出張所へ行き、登記簿甲区(所有者欄)の住所変更手続きをする。届出には申請書、転出先住民票(住所を証明するもの)、印鑑(認印)が必要。代書または知人に依頼する場合は、委任状が必要。所轄の運輸支局等へ、車庫証明・車検証・住民票・印鑑と車を持参のうえ手続き。①同じ都道府県で引越しをした場合、転居先の最寄りの警察署または運転免許センターへ、 免許証、住民票、印鑑を持参し届け出る。②他の都道府県から引越しをした場合は、上記に加え写真1枚が必要な場合がある。③免許証が更新期間内に入っている場合は、運転試験場で更新の際に変更可能。 (ただし、更新通知は「免許証記載の住所」へ送付される)印鑑、旧鑑札、狂犬病予防接種書を持参し、30日以内に新住所を管轄する保健所で登録手続き。旧居新居ご近所へのあいさつ電気のブレーカーを落とすガス使用停止の立会い電気・ガス・水道の精算忘れ物チェック鍵の返却管理人へのあいさつご近所へのあいさつ電気の使用開始ガス開栓の立会い水道の使用開始転入の手続き転校の手続き公共料金の引き落し手続き不動産登記の住所変更自動二輪・自動車の登録変更運転免許証の住所変更ペット類(犬)の登録変更届check手続き内容check手続き内容集合住宅の場合は管理人にあいさつをして、ゴミ収集日などのルールを確認する。引越作業に伴う物音や家財搬入でエレベーターを頻繁に使ったりするため、ご近所へ一言あいさつをしておく。電気のブレーカーを上げる。後日「電気使用申込書」に必要事項を記入し投函。ガス開栓には立会いが必要です。水道の使用を始めたら「開始申込ハガキ」に必要事項を記入し投函。引越日以降お客様MEMO ご自由にご記入ください引越手続きチェックリスト

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る