日本通運コーポレートサイト よくわかる日本通運トップに戻る
よくわかる日本通運
POINT 2

株主還元とメリット

資本政策や配当金、自己株式取得、株価、格付の推移などを記載しています。

直近5年間の株価、配当および配当利回り推移

回次 第109期 第110期 第111期 第112期 第113期 第114期
決算年月 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
期末日 2015/3/31 2016/3/31 2017/3/31 2018/3/30 2019/3/29 2020/3/31
1株当たり年間配当額(円) 10 11 11 120 155 155
配当利回り(期末日時点) 1.49% 2.15% 1.92% 1.69% 2.52% 2.93%
最高(円) 702 773 645 770
(8,090)
9,130 7,070
最低(円) 421 464 420 563
(6,700)
5,660 4,280
期末日(円) 672 512 572 7,120 6,160 5,290

※2017年10月1日を効力発生日として普通株式10株を1株に併合いたしました。
第112期の株価につきましては、株式併合前の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合後の最高・最低株価を記載しています。

安定的な株主還元を維持しています

株主の皆さんへの利益還元を最重要施策の一つとして認識しており、営業の拡充と企業体質の強化に努め、株主資本の拡充と利益率の向上を図るとともに、利益還元の充実に努める方針です。剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。

資本政策

ROE
10%
配当性向
30%以上
総還元性向
50%以上(2019年~2023年度累計)
自己資本比率
35%程度

総還元性向の推移

総還元性向の推移グラフ

安定的な格付推移

格付けとは、企業そのものやその企業の発行する社債の元本、利息が約束どおり支払われる確実性、財務的安全性を、第三者機関である格付会社が独自の調査結果に基づいて評価したものです。日本通運は、第三者機関より安定的に高い評価を得ています。
なお、最高格付であるAAAを獲得している上場会社は0社、AA+は6社、AA-は55社となっています。(2019年10月31日現在)

格付機関名 種別 格付 格付の意味
(機関のWebサイトより)
公表日
格付投資情報センター(R&I) 発行体格付 AA-
(維持)
信用力は極めて高く、優れた要素がある。 2020年1月20日

※詳細については格付機関のホームページよりご確認いただけます。格付投資情報センター(R&I)のホームページへリンクします。

自己株式取得状況および
自己株式消却状況

自己株式取得状況

取得期間 取得株式数 取得総額 備考
2019/11/1~2020/2/13 1,556,900 9,999,757,966
2019/2/1 1,453,400 9,999,392,000 自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)
2016/8/1~2017/2/28 40,000,000 21,235,036,017
2014/11/25~2015/5/29 24,117,000 14,999,830,069
2013/1/4~2013/10/31 46,138,000 19,999,663,128

自己株式消却状況

消却日 株式の種類 消却株式総数 発行済株式総数に
対する割合
2020/3/31 当社普通株式 2,000,000 2.04%
2019/3/29 普通株式 1,800,000 1.80%
2017/3/31 普通株式 40,000,000 3.85%
2015/3/31 普通株式 24,299,281 2.29%

株主になるメリット

①経営への参画ができます

株主総会に出席する権利(議決権行使)

会社の重要な経営方針を決める株主総会に出席し、お持ちの株数に応じて重要な決議に投票することができます。

②配当金を受け取ることができます

中間と期末の年2回受け取り

お持ちの株数に応じて、中間と期末の年2回、利益の一部を配当金として受け取ることができます。

③報告書を受け取ることができます

報告書イメージ

事業概況や決算情報、またトピックス等を記載した報告書を株主の方々にお送りさせていただきます。

TOP