座るだけで能率アップ?上手なオフィスチェアの選び方

上手なオフィスチェアの選び方

 普段仕事をするときに何気なく座っているオフィスチェアですが、実は従業員の能率(作業効率)を左右するほど重要な役割を果たしています。しかし、そんな重要なオフィスチェアを購入する際に注目されるのは、オフィスチェアの価格やオフィスの内装との統一性などが多い傾向にあります。
毎日従業員が使用するオフィスチェアを選ぶときに、本当に大切なことは機能性やデザイン性です。オフィスの移転や拡大などに際してオフィスチェアを新たに購入する場合は、選定基準を知り、組織全体の生産性を高くするために役立てましょう。この記事では、従業員の作業効率を向上させる可能性を秘める、オフィスチェアの選び方について解説していきます。

上手なオフィスチェアの選び方1.オフィスチェアは何でもいいわけではない

 オフィスチェアを選ぶときに大切なことは、購入予算に合っていることだけではありません。仕事をする際に従業員が毎日使用するオフィスチェアは、選び方次第では多くのメリットを得ることができます。大切な観点は、従業員の仕事の能率(作業効率)を高める「機能性」とモチベーションを向上させる「デザイン性」の2つです。

 まず、オフィスチェアの機能性のメリットについてです。長時間座ったままの仕事であっても、機能性の高いオフィスチェアは従業員の腰痛や肩こりを軽減することができます。一方で、機能性の低いオフィスチェアに座ったままの作業が続くと、疲れが溜まってしまい、作業効率を下げてしまうことがあります。つまり、長期的な視点を持って考えると、従業員の生産性を高めるために機能性の高いオフィスチェアに予算を割くことは、とても大事なことです。

 次にデザイン性のあるオフィスチェアのメリットは、従業員のモチベーションアップに繋がることが代表的です。デザイン性の高いオフィスチェアは、インテリアとして空間に華やかな印象を与えますし、落ち着いた雰囲気を演出することもできるので、目的に合わせてデザインにもこだわってみましょう。

上手なオフィスチェアの選び方2.機能性が高いオフィスチェアとは?

 従業員の生産性を向上させるためにはオフィスチェアの機能性が重要なのです。では、機能性が高いオフィスチェアとはどのようなものでしょうか。ここでは、従業員の生産性を向上させるオフィスチェアの機能について紹介します。

 まず、デスクワーク業務が多い場合に大切なことは、腰椎を支えて良い姿勢をサポートしてくれるという機能です。長く座っていると姿勢が悪くなってしまい、疲労が溜まりやすくなってしまいます。しかし、背もたれが背骨に沿った自然なラインのオフィスチェアを選ぶことで、従業員は姿勢がいい状態を自然と保つことができ、疲れにくくなります。

 また、腕を置くことのできるアームレストや頭を支えることのできるヘッドレスト、足を乗せて休ませることができるオットマンが付いているオフィスチェアは、仕事中の負担を軽減することができます。さらに、休憩の質を高めることで、能率(作業効率)を高めることに繋がります。

 従業員のそれぞれ異なる体格や、動きに合わせて自由自在に動くことができるオフィスチェアを選ぶこともポイントです。従業員それぞれにオフィスチェアが最適化されるため、従業員の脳が活性化します。このようなオフィスチェアは座面はもちろん、アームの高さまで座る人に合わせて調整できるため、作業に集中することをサポートしてくれるでしょう。

 最近のオフィスチェアには、背中や腰をサポートしてくれるものが多くなってきているので、従業員の生産性を高める基本的な機能としてチェックすることをおすすめします。

 このようにオフィスチェアの機能にはさまざまなものがあり、オフィスチェアによって搭載されている機能もその目的も変わってきます。従業員や仕事の特徴、オフィスの床材などに合わせたオフィスチェアを選ぶようにしましょう。

上手なオフィスチェアの選び方3.オフィスチェアの3つの基準

 次に、実際にオフィスチェアを上手に選ぶために考えておきたい「使う場所」「材質」「機能」の3つの基準を紹介します。

 まずは、オフィスチェアを「使う場所」を考えていきましょう。同じオフィスであっても、どんな作業をするかによってオフィスチェアを使用する時間も用途も変わってくるため、それに合わせたオフィスチェアを選びましょう。また、オフィスの床の質や特徴によってキャスターを選ぶことで、オフィスチェアの可動性がよくなります。

 2つめの基準はオフィスチェアの「材質」についてです。オフィスチェアに使われている材質は、本革やPUレザー、メッシュ、マイクロファイバーなどさまざまな種類があります。例えば、本革は軽く・水にも強い性質があり、PUレザーは耐久性・耐水性に優れていて汚れにも強いなど、それぞれ特徴があります。使う場所や目的に応じてオフィスチェアの材質を選びましょう。

 最後に、オフィスチェアの「機能」について紹介します。オフィスチェアと一言で言っても、さまざまな機能が搭載されており、その一つにリクライニング機能とロッキング機能があります。背もたれに体重をかけると背もたれが後ろに傾斜し、リクライニング機能はそのまま固定され、ロッキング機能では体重をかけるのをやめると元の状態に戻ります。

 予算に余裕があれば、それぞれの従業員の体系や身長に合わせて最適化できるアームレストやヘッドレスト、座面が自分で調整することができる機能や、腰の負担を軽減することができるランバーサポートなどの機能が搭載されたオフィスチェアを検討してみるのもいいでしょう。長い目で見れば、機能性の高いオフィスチェアを選ぶことによって従業員の生産性が上がることを考慮し、オフィスチェアにかける予算を多くとっても損はないかもしれません。

 そして、オフィスチェアを購入するにあたって、できる限り座って試してみることをおすすめします。そうすることで、従業員が実際に使う時の背もたれのフィット感や座った感触などを確認することができ、オフィスチェア選びに失敗する可能性を下げることができます。頻繁に新調することのないオフィスチェアだからこそ、実際に試してみることを大切にしましょう。

不要になったらリサイクルも可能

 オフィス移転や拡大を機に、新しいオフィスチェアを購入するとなった時に困ることは、今まで使っていたオフィスチェアの処分の方法です。不要になったオフィスチェアの処分の方法は廃棄するだけではなく、リサイクルという選択肢も考慮にいれておきましょう。

 まだ使えるオフィスチェアがある場合は、買い取りに応じてくれる専門業者に依頼してみましょう。専門業者に依頼するメリットは2つあります。1つは、出張買い取りに応じてくれるケースも多く、移転のタイミングに合わせて処分することができることです。2つ目は、買い取ってもらうことで、新しいオフィスチェア購入費の一部にすることができることです。これらが、ただ廃棄してしまうことと比べた際の、専門業者の買い取りによるメリットです。そのため、どうせ廃棄してしまうなら、一度専門業者に相談することをおすすめします。

 また、リサイクルの専門業者はオフィスチェアのみではなく、デスクや収納庫などの他のオフィス家具の買い取りも行っています。オフィスを移転する際は、専門業者にまとめて依頼することも考えてみてはどうでしょうか。

作業効率を考えてオフィスチェア選びは慎重に!

 ここまでオフィスチェアの選び方や処分の方法について紹介してきました。繰り返しになりますが、長時間座って作業する従業員にとって、オフィスチェアは非常に重要なものです。従業員の作業効率を高めるために、今回の記事を参考にして、疲労を軽減するような機能性が搭載されており、モチベーションが向上するデザイン性を持ったオフィスチェアを選ぶように心がけてみましょう。

その他オフィス移転お役立ち情報