日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  事例集  >  国内ソリューション事例  >  共同配送事例  >  北海道地区の食品共同配送

北海道地区の食品共同配送

北海道地区の食品共同配送の特長とメリット

コストと効率の最大値を追求

他社様の食品や飲料と方面・届け先が重複する商品を当社独自の「食品共同配送システム」にて混載輸送することで低コスト化・効率化を実現します。

多頻度・小ロット輸送に最適

札幌拠点倉庫から道内各主要都市へ毎日トラックが運行しているので、多頻度納品・少ない貨物の輸送に最適のシステムです。

高品質の確保

ハンドリング、中継回数を減らすことにより、破損・濡損などの貨物事故の軽減に貢献いたします。

環境への配慮

配送車が集約されることにより、交通渋滞の緩和さらにはCO2排出削減に貢献いたします。

北海道地区の食品共同配送のフロー

北海道地区の食品共同配送のフロー

北海道地区の食品共同配送のスケジュール(モデルケース)

北海道地区の食品共同配送のスケジュール(モデルケース)

食品共同配送システムの物流フロー図

食品共同配送システムの物流フロー図

関連情報

トラック輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。