日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2013年)  > 日通 国内海上輸送サービス「東京-九州・瀬戸内航路」で松山寄港を開始

日通 国内海上輸送サービス「東京-九州・瀬戸内航路」で松山寄港を開始

2013年3月11日

 当社は、国内海上定期航路2航路の内、東京~博多間を結ぶ「東京-九州・瀬戸内航路」において、4月13日(土)から松山(愛媛県)への寄港を開始いたします。

 「東京-九州・瀬戸内航路」では現在、当社RORO船「ひまわり5」「ひまわり6」の2隻と商船三井フェリー(株)2隻の計4隻で共同運航を行っております。同航路では従来より、博多からの東航時に岩国(山口県)と宇野(岡山県)に寄港していましたが、今般、松山への追加寄港を開始することで、瀬戸内から関東圏・北海道向けに高まる輸送ニーズに対応いたします。
 当面は週1回、土曜日のみの寄港となりますが、「北海道-東京-関西・四国航路」における高松(香川県)への寄港と合わせて、四国発着のモーダルシフト推進へも大きく寄与できると考えております。

 当社は今後も、環境保護に優れた海上輸送サービスを拡充していくことで、お客様の物流サポートに貢献してまいります。