日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧  >  2019年 ニュースリリース一覧  >  日通、カザフスタンに駐在員事務所を開設

日通、カザフスタンに駐在員事務所を開設

 当社の東アジアブロック(常務執行役員:杉山龍雄)は、カザフスタン共和国のアルマトイ市に駐在員事務所を開設し、8月13日(火)に開所式を開催しました。

20190822-1-1.jpg

(カザフスタン共和国政府との会談の様子)

20190822-1-2.png

(開所式でスピーチをする齋藤社長)

 開所式には、カザフスタン産業インフラ発展省のティムール・トクタバエフ副大臣をはじめカザフスタン政府関係者、在カザフスタン共和国日本国大使館の石引裕貴男一等書記官、中国外運関係者やKTZ Expressのアブドラエフ・ドミトリィ社長など約20名の来賓を迎え、当社からは齋藤社長と堀切智専務執行役員、東アジアブロック地域総括の杉山常務執行役員らが列席しました。

 開所式で当社の齋藤社長は、ご来賓の皆様に感謝を申し上げるとともに、「東アジアと欧州を繋ぐ役割を担い、物流を軸として当地の発展に寄与できるように取り組んでまいります。」と述べました。

 これに先立ち12日には、カザフスタン共和国政府のロマン・スクリャール産業インフラ発展大臣と面談し、カザフスタン政府を代表して駐在員事務所開設の歓迎を受けました。
 また、カザフスタン鉄道のサウアット・ムンバエフ社長と面談し、両社の国際鉄道事業の発展に向けた更なる取り組みの強化について、意見交換を行いました。

 カザフスタン共和国は、ユーラシア大陸の中央部、中央アジアに位置しており、東アジアと欧州を結ぶ鉄道輸送の要衝の地です。

 カザフスタン駐在員事務所では、現地における情報収集、マーケティング調査を行います。
 中央アジアという地理的特性を踏まえ、東アジアと欧州間のビジネス拡大に向け、同国での将来的な事業性の検証を行います。 今回の駐在員事務所の開設により、当社グループの海外ネットワークは、48カ国、304都市となります。

 当社は、中央アジアなど未進出市場への取組強化を図り、今後も世界各地において多様化する物流ニーズにお応えしてまいります。

【業務内容】

  • カザフスタンおよびCIS諸国における物流ビジネスの情報収集
  • 現地における市場、インフラ、および物流事情などの調査
  • 中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送のオペレーション向上を目的としたカザフスタン鉄道との業務連携強化

【拠点概要】

名称 香港日本通運株式会社 カザフスタン駐在員事務所
(NIPPON EXPRESS (H.K.) CO., LTD. KAZAKHSTAN REPRESENTATIVE OFFICE)
住所 OFFICE 901, 9TH FLOOR, BUSINESS CENTER GREEN TOWER,
192/2 DOSTYK AVENUE, ALMATY, REPUBLIC OF KAZAKHSTAN
電話番号 +7-727-325-9871
開設日 2019年8月1日

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:神・佐藤・山田
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

以上