日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧  >  2020年 ニュースリリース一覧  >  米国日本通運、ロサンゼルス・ロングビーチへ倉庫拠点を移転

米国日本通運、ロサンゼルス・ロングビーチへ倉庫拠点を移転

 当社の現地法人、米国日本通運株式会社(社長:内田敏朗)は、西部地域の海運、倉庫業務の主要拠点をカリフォルニア州トーランスからロングビーチに移転し、2020年1月より営業を開始しました。
なお、1月28日(火)には、新拠点で開所式を開催しました。

20200225-2-1.jpg

(開所式の様子)

20200225-2-2.jpg

(拠点の外観)

 ロサンゼルスの港湾地区では、米国の好景気を反映し、各種倉庫需要が急増しています。従来の拠点は同敷地内の3棟を使用しておりましたが、新拠点は、保管、作業効率の向上を図る目的で、天井高で1棟の拠点となります。
 同時に、当社のグループ会社であるAssociated Global Systems, Inc.との拠点統一により、ロサンゼルス発着の幹線輸送統一を効率的に進め、シナジー効果を図ります。

 また、移転先のロングビーチは、Heavy Container Corridorと呼ばれる、ロサンゼルス港湾地区の重量物規制緩和道路に面しており、重量品輸送に際した特別な許認可の取得が不要となる地区です。この立地を活かし、さらなる大型設備貨物・重量物の輸送や、様々なトランスロード(積替)作業、および新規フォワーディング業務の獲得を目指してまいります。

 新拠点では、-20℃(冷凍)、2℃~8℃(冷蔵)の温度管理機能を備えた空調施設を新設することで、温度管理が必要な生鮮品や医薬品の保管が可能となります。

 当社は今後も、多様化するお客様のグローバルビジネスに対応するため、世界の各地域に根ざした域内物流サービスの拡充に努めてまいります。

【施設概要】

名称 米国日本通運株式会社 ロサンゼルス支店 海運営業部、ロジスティクス営業部、引越輸送支店
(NIPPON EXPRESS USA, INC. LOS ANGELES BRANCH OCEAN SERVICE DIVISION, LOGISTICS SERVICE DIVISION, HOUSEHOLD GOODS BRANCH)
住所 1901 W. PACIFIC COAST HIGHWAY, LONG BEACH, CA 90810, U.S.A.
倉庫面積 16,570m2
事務所 1,535m2

◇本件に関するお問い合わせ先

  • 日本通運株式会社 広報部
  • 担当:神・佐藤・山田
  • TEL:03-6251-1454
  • e-mail:

以上