日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧  >  2021年 ニュースリリース一覧  >  日通、国際鉄道を利用した中国ベトナム間クロスボーダー輸送サービスを開始

日通、国際鉄道を利用した中国ベトナム間クロスボーダー輸送サービスを開始

 当社の東アジアブロック(常務執行役員:杉山龍雄)は、中国とベトナムを結ぶ国際鉄道を利用した中国・蘇州発ベトナム・ハノイ向けクロスボーダー鉄道輸送サービスを2月24日(水)から開始しました。

20210226-1-1.jpg

(ルート図)

20210226-1-2.png

(南寧南駅)

【サービスの特長】

  • 多くの企業が集積する華東エリアに位置する蘇州西駅を発駅とし、南寧南駅を経由し、イェンビエン駅(ハノイ)に到着します。
  • 鉄道輸送により安定したリードタイムを提供します。(8日~10日)
  • 海上輸送やトラック輸送混雑時のBCP対策に繋がる環境に優しい輸送サービスです。

【サービス開発の背景】
 現在、中国から東南アジア向けの海上輸送は本船のスペース不足の影響を受ける中で、安定したリードタイムで提供できる輸送ルートの確保が必要となったため、BCP対応として新たな輸送サービスを開発しました。

【今後の展開】
 ベトナム発中国向けの鉄道輸送サービスの開発を進めます。また、鉄道とその他の輸送モードを組み合わせた輸送サービスを検討してまいります。

 当社は、今後も多様化するお客様の物流ニーズにお応えし、企業理念に掲げる「物流から新たな価値を創る」ことを目指します。

以上