日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧  >  2021年 ニュースリリース一覧  >  日通、タイ現地法人2社の事業統合を実施~タイ日通ロジスティクスとして営業開始~

日通、タイ現地法人2社の事業統合を実施

~タイ日通ロジスティクスとして営業開始~

 当社のタイ現地法人であるタイ日本通運株式会社(社長:奥平幸三 以下、タイ日通)、タイ日通ロジスティクス株式会社(社長:同上 以下、タイ日通ロジ)の中核2社は、4月1日(木)よりタイ日通ロジスティクス株式会社へ事業統合いたします。

20210330-1-1.png

 これまで同国では、タイ日通は主に航空関連事業および引越事業、タイ日通ロジは海運事業、倉庫配送事業およびクロスボーダーを含めたトラック輸送事業を中心に展開してきました。

 2016年よりタイにおける組織および機能の再構築プロジェクトを開始し、同国中核2社(タイ日通、タイ日通ロジ)の再編を進めてきました。
 この度の事業統合により、各輸送モードが一体となった組織営業体制に移行し、タイ日通グループのさらなる経営の効率化、営業体制の強化を目指すとともに、変化を続けるお客様のニーズに合った様々なサービスを提供してまいります。

 当社は、今後ワンストップサービスや倉庫保管、クロスボーダー輸送を活用したサービスを一層充実させることで、同国のお客様のサプライチェーンをサポートしていきます。

【タイ日通ロジスティクス株式会社】
 2021年1月日通ロジスティクスタイランドは、タイ日通ロジスティクス株式会社へと社名変更し、営業を開始しています。

【事業統合後の会社概要】

名称 タイ日通ロジスティクス株式会社
(NIPPON EXPRESS LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD.
住所 2032,3rd-4th Floor, Italthai Tower, New Petchburi Road,
Bangkapi, Huaykwang, Bangkok 10310 THAILAND
代表者 奥平 幸三
従業員数 1,700名
倉庫面積 約154,000m2(全拠点計)
事業所 11事業所(バンコク-5拠点、アユタヤ-3拠点、レムチャバン-3拠点、
チョンブリ-1拠点、チェンマイ-1拠点、パダンベサール-1拠点)
事業内容 航空・海運フォワーディング、引越、通関業、
トラック輸送(国内・越境)、倉庫配送、その他物流付帯サービス
事業統合 2021年4月1日

以上