お知らせ

日通、米国ビジネス誌FORTUNEの「世界で最も賞賛される企業」に選出

 当社は、米国ビジネス誌FORTUNE(フォーチュン)が発表した2021年版「世界で最も賞賛される企業(World's Most Admired Companies)」の運送業界部門(Delivery Industry)で第5位に選出されました。
 同部門では、日本企業として唯一選出されました。

 FORTUNEは、世界中で多くの経営者やビジネスパーソンの読者を有し、「FORTUNE 500」や「FORTUNE GLOBAL 500」をはじめ世界が注目するランキングを発表するなど、世界的に権威のあるビジネス誌です。
 この「世界で最も賞賛される企業」は、FORTUNEが1997年から毎年発表しているランキングで、企業経営幹部や証券アナリストなどにアンケートを実施し、「マネジメントの質」、「製品またはサービスの品質」、「革新性」、「長期的投資価値」、「財務健全性」、「人材管理」、「社会的責任」、「企業資産の活用」、「国際競争力」の9つの項目で評価され、高い評価を得た企業がランク付けされます。
 今年は、一定の基準を満たした30カ国670社を対象に評価が行われ、日本企業では、11部門で15社が選出されています。

 日本通運グループは、これからもグローバルであらゆるステークホルダーの期待に応えつつ、事業の持続的成長を果たし、「日通グループ経営計画2023~非連続な成長"Dynamic Growth"~」の長期ビジョンに掲げる「グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニー」となることを目指してまいります。