日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  国際輸送  >  国際航空輸送  >  国際航空輸送商品のご紹介  >  Logivision(防振輸送サービス)  >  鉄道輸送防振事例

鉄道輸送防振事例

ご利用事例(鉄道輸送)

通常はエアサス車で出荷しているチケット発券機を、Logivisionを組み込んだロールボックスに搭載の上、鉄道輸送し、輸送中の衝撃や振動をどの程度抑えられるか、テスト輸送を行いました。東京-福岡間を7日間かけて往復輸送したところ、衝撃値(垂直方向の最大値)を約75%低減できました。鉄道輸送とLogivisionを組み合わせることで、同距離のトラック輸送と比較し、輸送コストを半減することが可能です(弊社想定条件)。

  • 商材:チケット発券機(輸送試験用デモ機)
  • 当社請負範囲:東京都内での集荷、東京ターミナルから福岡ターミナルの往復鉄道輸送、東京都内への配達
  • ご利用形態:Logivisionを組み込んだロールボックスを利用
「防振パレット」「通常パレット」の衝撃値は、各作業項目の平均値
  • 97.7%防振

    1.東京ターミナルにてトラックから鉄道コンテナへの搭載時

    防振パレット
    -0.2G
    通常パレット
    -10.8G
  • 98.0%防振

    2.輸送中

    防振パレット
    0.2G
    通常パレット
    -10.1G
  • 86.6%防振

    3.博多ターミナルにて復路の鉄道コンテナへの搭載時

    防振パレット
    -2.0G
    通常パレット
    -15.0G
  • 96.2%防振

    4.東京ターミナルにて鉄道コンテナからの取り下ろし時

    防振パレット
    -0.5G
    通常パレット
    -12.6G
  • 94.7%防振

    5.東京ターミナルにてトラックへの搭載時

    防振パレット
    0.7G
    通常パレット
    -12.8G

ご利用事例のご紹介

陸・海・空の輸送モードや商材を問わず、さまざまなサイズ、重量帯でご利用いただけます。以下の事例をご参照ください。

関連情報

関連商品・サービス

国際航空輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。