欧州・中東・アフリカ

欧州・中東・アフリカのサービス情報

EB3000(ロッテルダム発ロシア向けクロスボーダー輸送)

日本通運のEB3000(RM)は、西欧(ロッテルダム)とロシア(モスクワ)間の約3000kmを、日通ネットワークにより定期運行で結ぶ長距離混載トラックサービスです。

欧州・中東・アフリカの拠点情報

欧州・中東・アフリカ拠点

日本通運グループの欧州・中東・アフリカ拠点をご紹介します。

欧州・中東・アフリカの地域情報

欧州・中東・アフリカ展開

ドイツやオランダ、英国など欧州主要各国や中東欧諸国、ロシア連邦、アラブ首長国連邦の計22カ国に26社の現地法人を置き、汎欧州での自社ネットワークを活かした取組みを展開しています。

ロシア・中東欧展開

EUの拡大とともに、日本通運は中東欧における自社ネットワークを強化してまいりました。ロシアでも、市場経済への移行による高度なロジスティクスニーズの高まりに対し、物流ノウハウを活かした事業展開を積極的に行っています。

自社ネットワークを活かしたマルチ・ゲートウェイ

欧州地域84拠点のネットワークを活かし、仕向け地や貨物スペースなど様々な条件、状況に応じて臨機応変に、より迅速で効率的な輸送サービスの提供を目指します。