日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  重要なお知らせとお願い一覧  >  SSL3.0の脆弱性への対応として、アクセスの遮断を実施しております

SSL3.0の脆弱性への対応として、アクセスの遮断を実施しております

当社ホームページでは、安全性の高いSSL通信を使用しておりますが、SSL通信で使用する通信方式のひとつである「SSL3.0」に深刻な脆弱性があることが、Google社より発表されました。

当社ではその危険性を考慮し、「SSL3.0」によるアクセスの遮断を「2014/11/17(月)」に実施いたしました。

「SSL3.0」によるアクセス遮断により、お客様のインターネットブラウザの設定によっては、当社ホームページの一部画面などが表示されない可能性があります。
表示がされない場合は下記をご参照いただき、設定の変更をお試しください。

表示されない可能性がある設定

  • TLS1.0(TLS1.1、TLS1.2)が無効になっている。

設定変更方法

  • SSL3.0を無効にし、TLS1.0(TLS1.1、TLS1.2)を有効にする。

Internet Explorerの場合

  1. Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
  2. [インターネット オプション]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ]カテゴリで、[SSL 3.0を使用する]チェックボックスをオフにし、[TLS 1.0を使用する](可能であれば[TLS 1.1の使用][TLS 1.2の使用]も合わせて)チェックボックスをオンにします。
  4. [OK]をクリックします。
  5. 終了し、Internet Explorerを再起動します。

Firefoxの場合

現行バージョンのFirefoxでSSL 3.0を無効化するアドオンが公開されています。

Macintoshの場合

アップル社からSSL3.0の脆弱性に対応したソフトウェアアップデートが提供されております。
ソフトウェアをアップデートしていただきますよう、お願いいたします。

引き続き、SSL3.0の脆弱性に関しまして独立行政法人情報処理推進機構より、対処プログラムを含めた、ブラウザごとの本脆弱性の解消・回避策等が更新されております。