日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス用語集  >  あ行  >  ウェーブピッキング

ウェーブピッキング

<英語・別名称>Wave Picking

ピッキングには摘み取り式と種まき式がありますが、ウェーブピッキングとは双方の利点を取り入れた方法であり、WMS(倉庫管理システム)を採用している物流センターなどで見かけることができます。

具体的には、総量ピッキングを行う種まき式を細かく分けることで、ピッキング作業の効率化を図る手法です。WMSによるIT化で、細かく分けたピッキングの処理の順番を決めたり、総量が分かる前に一定数量(単位)のピッキングが行えるようにし、作業者の待ち時間減らしなどに効果があります。

このキーワードでサイト内を検索

関連ワード

関連商品・サービス

おすすめページ

ABC頭文字から探す